上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週のジャンプでの「コンドルの絵の浮き出た背中を向けてる白髪マッチョなラスボスらしき男」がどう見てもネタバレで、そんな~!と気をそがれた思いでいたのですが…たまには前情報はあってもいいものですね、うん。
今回いきなりこの超展開を見せられていたら、状況把握のためだけに思考速度低下してストーリーを追えなかったかも。いや、まだ把握できてない感もあるけど。

つまり、なんだ、その。
シグナーとして生まれついたルドガーに邪神が(意図的に)とりついて、彼の体を舞台に5000年に一度という争いを始めようとしたけど、ルドガーは「戦いの舞台」としての役割を拒否して自分の意思でどちらかの神の側につこうとした…そしてそれは邪神の側だった。(多分、ドラゴンヘッドの痣だけでは完全な赤き竜ではないのでシグナーたる自分の敗北を避けるため?)
そして「通常の」シグナーVSダークシグナー戦を始めるためにドラゴンヘッドの痣のある左腕を切り落としレクスに託す。
レクスは17年間研究を続け、一つの体に両方の神を宿しながら双方をコントロールすることで5000年ごとの戦いを終わらせて新世界を創造できるという結論に達した。

…ということなのかな?
つまりシグナーVSダークシグナーの過去の戦いは、互いの神を残しつつドローの繰り返しだったということ?
それが予定調和で、互いの神もわかってる、とか?
ただ、神に仕える人間(シグナーとダークシグナー)は、そうではなく完璧な勝利を求めていた、ということなのかなあ。

で、レクスはそんな危なっかしい決着(もしダークシグナーの思惑どおり冥界の王が完全勝利すれば、ダークカーリーが見せた「地獄」がこの世に到来するらしいので)ではなく、冥界の王たる神に一度地獄を到来させた後、赤き竜の力で新世界を創造する道を選んだ、ということかな。そしてもうこの先5000年周期の戦いは起きない、と。
だとしたら、まあそれだって危なっかしいけど、大胆な外科手術で病根を断つ!的な解決法と言えなくもないなあ。

…というか、今回は長官まわりのことしか頭に入ってこなかったですが、あと2話で本当に決着するの、これ?(汗)
長官はやっぱり「伝説の男」だったらしいから、倒されたあと、「遊星、クロウ、君たちにサテライトとシティをつなぐ橋を託します」とか言ってくれたらいい!
この戦いも、長官なりに「5000年周期の戦いを終わらせる」ための正しいと信じた道だったという終わらせ方がいいなあ。
そして長官。
「ジャック…もう一度キングとお呼びできないまま私は去る事になりましたか。あなたは、私におびき寄せられてシティに来たと思っているかもしれませんが、それは違います。あなたのキングになろうという意思があなたをシティに来させたのです。…もう一度、目指してはいかがですか、キングの座を…」
とかってのがいいなあ~~~!

ところで。
冥界の王がベトベター→ベトベトン→巨神兵(ナウシカの)と進化しつつ登場したと思ったのは自分だけじゃないはずなので言わないでおこうと思ったけど、一応言っておこう(汗)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。