上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次回予告が本編よりすごいという恐るべきトラップカードが入ってる5D'sですが、今回のはサンダーボルトばりだった!(と言っておきながら、サンダーボルトは魔法カード…)
ジャック…!
でも、あんまり、というか全然心配していないのは、「いやいやいや、5人のシグナーのひとりで、主人公遊星のライバルで、傲慢に見えてじつはナイーブで、世間知らずだけど図々しくて遊星のことを内心大事に思ってるハイパーなファッションセンスとDホイールセンスの持ち主という、もしかしたら主人公よりも美味しいキャラがそうそう消費されるわけないだろう」というメタな判断が働いたからで…。
心底ジャックというキャラをひとりの生きた人間として愛しているファンの方の慟哭を聞くと、自分はずるい視点に逃げてるな~とも思ってしまうけど…(汗)

最初はジャックは「洗脳」されるのかな、と思ったけど、カーリーとの関係を考えると「瀕死のジャックを救うためにダークシグナーのなんらかの力をジャックにあたえた」とかもアリかな、という気がしてきました。

ダークシグナーは逆恨みがデフォっぽいので、反転目状態のカーリーの場合は「つれないそぶりをするから、私は危険と知っててもAMへの潜入調査までしてジャックとつながっていたかったんじゃない!そのせいで命を落としたんだから、つまりは私に言い寄らなかったジャックのせいよ!」…とか、一見ひょうきんキャラだけど、損得勘定や駆け引きの感覚は登場人物一だと思うカーリーだから、それがダークな方向にねじまがると、こんなのもアリかもしれない。

でも白目状態のときは正常な心でいられるらしい。それなのにダークシグナーの仲間でいるのはどうしてだろう?とずっと気になっていて…思いつく可能性は4択に行き着きいていて…

(1)人間じゃなくなったうえに人を1人殺しちゃったからもう流されて生き(?)ちゃえ
(2)いっそジャックを自分の手にかけることで彼を永遠に自分のものにしよう
(3)自分がジャックと闘い消滅することで逆に彼の生命と幸福を守ってあげよう
(4)ミスティさんに優しくされて新しい地平へ踏み出した

なんか、4番目も捨てがたいですが、やっぱりカーリーの株を上げるのは3番目だよなあ!と思っていたところに、あの次週予告。
カーリー、「自分がやらなければ他の誰かがジャックと対峙するわ、それくらいならダークシグナーを裏切ってもジャックと闘うなかでダークシグナーの秘密を伝えたい」…とか思ってないかな。
逆恨みに燃えたぎるダークカーリーの心の中に一滴の清らかな雫が落ち、意思の力をふりしぼって、転倒したジャックに一瞬だけダークシグナーと赤き竜と星の民の秘密の知識を移植したのが予告のシーン…じゃないかな…だったらいいな。
そしてダークシグナーの真の目的と秘密を知ったジャックと、回転する光の中で亡き父よりモーメントと冥界の関係の知識を授けられた遊星が再会して、絆で結ばれた仲間が力を合わせて新たな敵との闘いが始まる!…とかだったらいいな…夢見すぎですかそうですか。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。