上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分用サブタイトル
第52話「記憶の果てにちびっこ時代!」

yusei


ちちち、ちびっこ時代キター!
ああああ、ありがとう公式!かわええのう~(感涙)
3人とも歳相応に純朴そうでたまりませんったらたまりません!↑自分が描くと子供時代じゃなくチビキャラにしか見えないのが痛恨!
そうかー、ああやって3人は出会ったんだ~。ジャックと遊星はいつから一緒だったんだろうなあ?
2人もクロウみたいに1人きりで生き延びてて出会ったんだろうか?それとも、もうマーサハウスに引き取られてて、外に遊びに出てクロウに会ったんだろうか?
親世代からの因縁説を推したい自分としては、ゴドウィンさんが裏で糸を引いてたりしたら楽しいなあ。シグナーの痣のある(ことが確認できてる)ジャックと遊星くんが出会うように仕向けてたとか…。ジャックとの摩擦こそが遊星くんの龍の痣を浮かび上がらせることを知ってて、色んな感情的もつれが2人の間に生まれるように仕組んでりして!
鬼柳さんとの出会いもそのために仕組んだことだったりして…長官あくどい!ステキ!
…というようなことがないかなあ。
やっぱ、長官が赤ん坊だった遊星に不動博士から託された手紙を渡して…とかあったら素晴らしすぎる!

その点で、一般人のクロウはジャックと遊星くんとの結びつきよりは自由度の高いつきあいで、骨っぽい友情を結べていたのかも。そう思うとスポ根ノリでわくわくする!
遊星たちと出会えて初めて仲間が出来て、そのうれしさで泣いちゃうクロウがいとしい。
そんなクロウを知っていたから遊星は、子供達を失ったクロウの涙で、不合理なデュエルにGOサインを出したんだろうなあ。

この世界においてのカードのプライオリティの高さにまたまた感心しましたが、カードゲーム名はやはり「デュエルモンスターズ」だったんだ~!ちょっと感動!

今回はBGMもすごくシーンを盛り立てていたし、回想にデュエルに、と内容ぎっしりで見ごたえありました。
あ、ジャックの耳脇のちょろんは、やはり成長と共に伸びてくるんだー!!別に予想してたわけじゃないんだけど、偶然妄想が合ってました。
それと、「楔カウンター」と聞いてこの前作った主張サイトがググって出てこないことを思わず確かめたチキンな自分でした。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。