上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yusei

チョコクリームのケーキを作りました~!
この前届いたマグカップ、ジャックのには紅茶、遊星くんのにはミルクだ!もちろん!
そして一切れのケーキを分け合って食べるといい。

マーサはごくごくたまにだろうけどケーキとか作ってくれそうでよかったな~。サテライトってもっと殺伐としていそうだと思ってたから。

「あのときのケーキはチョコの味だったな…」とジャックは思って、その日がんばって板チョコを手に入れてきたりして。
でも遊星くんはその(逆)チョコの意味がわからなくて、それをラリーにあげようとしたりして。
「あいつはこんなもの食べたこともないだろうからな」って。
でもジャックは自分と遊星くん、自分と世界、という常に自分が入ってる人間関係しか認知できないから、遊星くんが他の誰かを気遣うのにすごくイライラするわけで。
「オレはおまえに持ってきたのだ!」とか言って無理やり食べさせようとするの。
すると無理強いされるのがなにより嫌いな遊星くんだから、そう言われれば言われるほど従おうとしなくて。
「食べろ」「食べない」をえんえん繰り返したあげく、業を煮やしたジャックに口移しで食べさせられればいい!
で。
「これで、あのときの借りは返した」…とジャックに言われて初めて、子供の頃に貴重なケーキをジャックに盗られたことを思い出す遊星くん。
でも甘いものにはあまり執着がなかった遊星くんはそのときも怒りもしなかったのだけど、ジャックにはそれがかえって「自分を無視した」みたいに思えて、ちくりと胸が痛んだりしていたんだな、これが。
で、ずっと、ずっと、ずーっと、そのことを覚えていて。
「これで貸し借りはなしだ」と言いながら、無視された(と思い込んでる)過去をすこし軽くすることが出来たと思うジャック。
それがはじめての遊星くんとのキスだと気づくのは後になってからなんだってばよ。

…って、どこのナルトだ自分は!
うん、でも…いいなあ~!チョコとかケーキとか。甘々で。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。