上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分用サブタイトル
第41話 「ホントはパパが好き! 受け止めろ スターダスト・ドラゴン」

遊星くんが男前だった!鞭打たれ方も男前だった…!そして、あいかわらず名言製造機だった!
完璧な遊星くんだった。
アキさんは親の元に帰れてよかった!龍可たちを守るスターダストもけなげだった!

ただ、アキさんとパパの和解に至る流れがすんなり頭に入ってこない感じがもどかしかったです…うーん。
「居場所」で話が回転するのがややこしいだけで、異能力者のアキさんを受け入れるか受け入れないかということなんだよね、きっと…。整理するとこういうこと?
                          ↓


ラストのコマのパパのセリフがある意味また失言っぽいけど。

そして、遊星くんの今回の名言
「ただ、オレは傷ついていく仲間から目をそらすことは出来ないだけだ」
「おまえの父と母こそが、お前の居場所じゃないのか」
「下がっていてください」←珍しい丁寧語
「ドロー!…来ない」←珍しすぎる「デスティニーじゃない」ドロー

あ、あと、思い出の中で人はどんどん美しくなっていくのだなあと実感したディヴァインと鬼柳さんでした。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。