上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分用サブタイトル
第34話 「デュエル→回想→デュエル→回想→デュエル→雨の回想→デュエル」

VS野球部とか、VS茶道部とか。…ない。それない(笑)
受け狙いなのか本気なのか…このカオスなところが遊戯王の遊戯王たるゆえんだけど、きっとスタッフは本気でやってる。
野球場とか竹林とか、いよいよサテライトがインフラと治安の整備されてない単なる小都市であることが明らかになってきました。パンとかりんごとか普通に買えるし。酒場とかあるし。

そんなサテライトで勢力争い、縄張り争いって、チーム・サティスファクションのやってることって他のデュエル・ギャングと変わらないじゃん、と思って見ていたのですが…。
遊星くんの「デュエルを汚したのはお前たちだ」を聞いて、他のギャングたちはデュエルで勝って縄張りにした地区で用心棒代と称して金品を要求したり無法を働いてたりしてて、それを遊星くんは許せないでいた…とかだったのかなという気がする。
もしそうなら、あと1カットか2カットかあればよかったなあ。
野球部がバットで女の子のスカートをめくってるのを周りは黙って見てるしかないシーンとか。
茶道部が茶碗から抹茶を子供の頭にかけるのを大人は止められないでいるシーンとか。
どっちもダメすぎるが。

そして遊星くんたちはそいつらを一掃したあとは、自分たちのチームは解散してもいいと思っていたのかも。結果的に思った、ということでもいいけど。
ただ鬼柳だけが、それで「満足」できなくて、もっと大きなものを求めてしまったのかもしれない。

遊星くんの仲間を大切に思う気持ちは鬼柳から学んだもので、自己犠牲もいとわない利他的な行動は鬼柳を救えなかった無念から来てたりしたら…素敵だなあ!

ここ数話で自分的理想の「痛々しいまでに利他的な天然カリスマ」キャラから遊星くんが遠ざかってて行ったかなと思っていたのですが、今回の遊星くんは鬼柳に対するセリフが本当につらそうで、(結果的に)仲間を裏切ったことがトラウマになって形成された性格というのでもすごくいい!

あと、セキュリティを殺した(?)のは、すでに裏切られたと思い込んでいた鬼柳のやぶれかぶれの行動とかじゃないか、と。なんとなく。

ピグモんさん

今からでもやってることの大義名分のフォローは出来ると思うんですよね(と、期待)
私としては、物語の整合性さえとれていれば、それなりの理由でキャラの性格が変わっても許容できます…が、やっぱり寡黙でクールな遊星くんがいいなあ(笑)

野球場とか竹林とか、サテライトにそんなんあったんだ~!というのが驚きでしたね。
ホント、もうちょっとやることに、大義名分が欲しいなぁと思いました。
野球部や茶道部の人(?)たちより、ずっとガラが悪いんだもの…(笑)。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。