上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さっき、むしょうに「遊星さんの舎弟になりてー!」と思ってしまいました。
5D'sに激ハマリして、色んな方のサイトやブログを猛烈な勢いで見て回ってた頃、どなたかのブログで(Hさんのところだった気がするのは、大昔に特攻服姿の海闇を見せていただいたことがあるからだろうなあ…。違ってたらすいません)「ジャックと遊星は族が似合う」みたいなことを読んで、「おおっ、確かにそうだなあ」と感動したことがあったのですが、いまや自分の気分は、シグナーズ童実野連合会の下っ端です。

どうして急にそんな気になったのか不明ですが、大昔に「湘南爆走族」と「ホットロード」にハマりまくってた頃の自分が帰ってきてしまいました。余談ですが「ホットロード」の主人公の女の子の名前は「和希」です。

ああ、男に生まれて遊星さんに惚れたかった…純粋な意味で。
「遊星さん、オレを舎弟にしてください!」って志願に行きたい。
「勝手にしろ。だが『さん』づけはやめろ」とか言ってくれるにちがいない。でも、さんづけはやめるもんか!
「遊星さん、アキさん呼んできますか?」「遊星さん、ミルク買ってきますか?」って、パシリたい。
そのうち、ちょっと図に乗って、「遊星さん。 遊星さんはシグナーズの切り込み隊長やってるけど、本当は総長のジャックさんとの付き合いの流れでここにいるんじゃないスか?」とか核心を突いたりして。
「そんなことはない。オレは守るべき者のために走っている。それだけだ」とぶっきらぼうに答える遊星さん。
「でも!オレ思うんスけど、遊星さんのほうがアタマにふさわしいんじゃないかって…ジャックさんは、下の者に厳しすぎます」
「いや、ジャックはあれでいい。厳しくされて落ちこぼれるくらいなら、そのほうがそいつのためだ」
「遊星さん!オレは絶対落ちこぼれたりしないっス!ずっと遊星さんについて行きます!」
「…ああ」
…と、そのとき遊星さんが微笑んだように見えたのはオレの気のせいだったのかな?遊星さん、オレ、遊星さんみたいな男になってみてえ! きっとなってみせます!

…ところで、シグナーズのあて字は「死愚那亜図」だったりするんだろうか?

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。