上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は本当に中身もつまってて、気になることだらけでした。んで、箇条書き。

●ゴドウィン長官、クロウにやけにフランクな口調だけど、前々からよく知ってたってこと?
●「伝説の男」はやはりゴドウィンさんじゃないんだろうか?
●そのゴドウィンさんがクロウにあずけた遊星への伝言「兄の後は私のもとへ…」というのは、もしかしてゴドウィンさんが敵として遊星とデュエルすることになる?
●前々回でルドガーVSレクスのデュエル開始と見えたけど、実はレクスが「17年かけて到達したもうひとつの可能性」を見せただけだったんだろうか?そしてそれは今回ルドガーが散りぎわに言った「新たなる最強の神」を解き放つことを言うんだろうか?
●「冥界の扉が開かれ冥界の王が復活」って、まさか、アテ…(略)

あと、クロウは拾った写真をどうしたかな?持ってきたのかな?遊星くんがモーメントの光の中で父親と出会い
「遊星、立派になったな」
「オレの…父さん?」
「悪かったな、遊星。私は人類の平和と繁栄を願ってモーメントを開発した。だが結果は多くの人を不幸にし、お前を苦しめてしまった」
「たしかにオレはずっと父さんの研究を心苦しく思ってきた。…だが悪いのは父さんじゃない!」
「遊星?」
「悪いのは、運命という言葉に逃げ込んで心の闇にとらわれたルドガーだ!」
…と、クロウの言葉をきっかけに罪悪感、わだかまりを解き、父より冥界の扉とモーメントの真実を知らされて帰ってきた遊星の前にクロウが立って…。
「遊星、これはお前のものだ」と言って、あの写真を渡すわけですね!
「どうしてこれがオレの親父とお袋だと…?」
「わかるさ、お前親父さんにそっくりだ(主に髪型が)」

…という展開を超希望!
スポンサーサイト
早朝目が覚めて、いつもなら二度寝するんだけど、色々と頭に浮かんできたら寝られなくなってしまった。
だって、シグナーとして生まれつき痣を持つ者がダークシグナーになるには、どちらの神に仕えるかを自分で選択する必要があったみたいなことルドガー言ってたよなあって…。
だからルドガーはシグナーの証のドラゴンヘッドの腕を切り落としたわけで…。

ジャックも来週ルドガーと同じ選択を迫られるんじゃないかな?!!!
他のダークシグナーは、(たぶんシグナーに)恨みの感情を残したまま死んだ一般人が、邪神の誘惑でいわば幽霊?ゾンビ?みたいに甦るけど、ルドガーは違ってた。ゴドウィンさんに「この体はもう保たない」と言ってたし…生身だったのかな?デュエルで負けてライフがゼロになるとモノトーンに変わって散り始めてはいたけど。
シグナーだけは、シグナーとダークシグナー(赤き竜とナスカに封印された邪神)の真実を知り得て、その上で自分で選択することになるらしい!つまり、ジャックだけがルドガーと同じく「生まれつき」痣があったというのは、そのための伏線だったのかああああ!
…と、いう気がしてきた。どんどんしてきた。
そして、ジャックは絶対に自分の腕を切り落とす選択はしないよね!いや、痛いからとかじゃなく、心の闇を選択しないという意味で。

シグナーとダークシグナーの闘いに関しては、むしろ謎が増えてるけど…17年前に腕をレクスに託すときに「シグナーを集め私に戦いをいどめ、そして私を倒せ」みたいなこと言ってたのは、「倒せるなら倒してみろ」という意味には聞こえなかったし。ルドガーは、自分が運命の歯車と知っていてたんだろうなあ…。結果がどう出ようとも。

それから遊星くんの心情を思い直すと、遊星くんが鬼柳を見捨てられなかった理由がよくわかる。
いや、ジャックもクロウも鬼柳さんが意味の無い無頼行為に走ったときには彼の元を去ったけど、セキュリティ襲撃でおたずね者になった時には逃がそうと集まってきたし、結局見捨ててはいなかったよね。
でも遊星くんがギリギリまで鬼柳と共にいたのは、(というか、行為がこれ以上エスカレートするのを防ぐため、冷水をかける意味で離れたのであって、心は最後まで鬼柳につきそってたと思うが)自分がみんなに見捨てられていない嬉しさ申し訳なさを知ってたからじゃないかな。

「お前の親のせいでオレ達の親が死んだんだ」と難癖つけられてもしかたないのに、みんな何も言わずに仲間でいてくれる…その自分がどうして鬼柳を突き放せるだろう…って。
仲間がほしくて仲間でい続けることが自己目的化してた鬼柳さんに、気持ちの上で遊星くんは一番近かったんだろうな。

遊戯の「決して裏切らない、そして裏切れない友達が欲しい」が、5D'sにも脈々と受け継がれてて、やっぱり「遊戯王」だなあ、って思う。
そして嬉しくなる。
今日も朝から遊戯王萌え。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。