上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なな、なんと、ジャックと遊星が夢に出てきた!今朝の夢!
すごいぞー!かっこいいぞー!

1950年~60年台のアメリカかどこかの田舎町の町外れに、サテライトの仲間達と住んでるの、ジャックと遊星。
未舗装のほこりっぽい道に面してる廃屋に勝手に住みついてて、ネット越しの隣は自動車のスクラップ工場みたいな所。

そこで2人(がメインに出てきてた)は普通に共同生活してるのだけど、ジャックが家事をがんばってこなしてるのが妙に所帯じみてる夢(笑)
黒タンクトップに作業ズボンでお風呂やトイレのお掃除までやって、がんばりすぎて疲れて汚れてへたり込んでるシーンを鮮明に覚えてる!

で、ジャックは通販で毛布みたいなの(たたんで袋に入ってる)を買ったはいいけど、どうもインチキ商品くさい。電気不要をうたう電気毛布みたいなものらしい。
その代金を払ってなかったのか、家に集金人が押しかけてくるわけです。2人組で。そのうちの1人がイェーガーさんっぽい気もするし、初代に出てきた「光の仮面と闇の仮面」タッグチームっぽい気もするし…。

そんなことになってるのを知って、遊星がジャックを怒るの!きつくじゃなく「何やってるんだ」と、あきれ半分みたいに。
…というだけの夢なんですが。
それでも9年も遊戯王ファンやってて、初めてですよ、キャラが夢に出てきたの!
うう、嬉しいです、安西先生!

夢って内容もだけど「怖い感じの」とか「寂しい感じの」…という風に感情をかき立てる作用が大きい気がするんだけど、今日の5D’sドリームは、目が覚めた後にほのぼのした感じが残っていて、幸せな気分になれる夢でした~!

で、調子に乗って、夢に見た「家事に疲れてへたりこんでる」ジャックを描いていたら、スケッチのつもりがわりと真面目に色塗りしてしまったので、サイトのTOPに置いておきました。
スポンサーサイト
前から、局地的に「作る、作る」と言ってた企画ページ作りました。
「楔の5D's」

「5D'sの世界は『間の楔』を思わせる」とAさんとしゃべっていたら、他にも同じ頃同じ話題で盛り上がっていた方たちがいて、話を突き合わせると、どうも同時多発的に7~8人がそのネタで萌えていたらしいです。
なんなんだ~!みんなどうしてこうも腐女子なんだ~!(←喜んでます)
…というわけで、作ってしまいました。
今のところ主張アイコン配布だけですが。ジャックがイアソンで、遊星くんがリキで…と思うと萌えてしまう方、どうぞDLしてお持ち帰りください!
あ~、タバコのキスがせつない…!
自分用サブタイトル
第51話 「さらばディマク こんにちはボマーVSクロウ」

まさかと思ってたら本当にディマクがリストラされてしまって、ええ~!
たぶん、たぶんね、ダークシグナーのキャラ設定したときは「そのうち何か過去話考えてあげるね」だったと思うんですよ、きっと。
でも主人公側にも積み残した伏線がてんこ盛りで、これ以上複雑な設定を持ち込みたくないな、となったのかも。で、それだったら背負う背景やら過去の因縁やらがすでに語られてるボマーに…と白羽の矢が立ったということなのかもしれないなあ。
このままだとディマクの捨て駒度が高くてかわいそうなので、「敗北したディマクの怨念が新たなDSへと受け継がれ増幅していく」みたいなシーンがひとつでもあってほしいです。

それから、ボマーさんですが。
フォーチュンカップでゴドウィンさんたちの手駒となったふりをしていたときは、故郷を出てから1年ちょっとみたいなことを言っていて、こっちも「じゃあ村が滅んだのもその後なんだな」みたいな気になっていたのだけど、そうじゃない設定でもいけるよなーと思い始めました。

たとえば、ゼロリバースのあった17年前に15歳くらいの(成長が早くて今くらいに育っていた)ボマーさんが村を離れていた間に家族がなんらかの災害に見舞われて、立ち入り禁止になってしまった。
噂では、全滅して皆死んでしまったらしい…。
だが、兄弟がまだ生きているのではとの希望を捨てられなくて調査を続けていたボマーは、治安維持局(イリアステル)がそれに関係しているのではないかと疑念を抱く。そして真実を探るために別の村出身ということにしてゴドウィンらに近づいた、と。
「自分の(ウソの)村を復興するためにゴドウィンに加担する」という名目でフォーチュンカップに出場したボマーだったが、ある情報屋からボマーの本当の出身の村はすでに滅んで生き残りはいないと決定的情報を得て、ゴドウィンに復讐する決心をする。
…というこならボマーが観客に、残骸となった村の映像を見せるときのイェーガーさんの「まさか生き残りが」のセリフがボマーを指すことになってきれいに収まるし。
おまけに17年前ということになると、村を滅ぼした爆発(?)が地球の反対側で起きたゼロ・リバースの余波だったということに出来て、ナスカの地上絵がらみのダークシグナー復活にきれいに結びつくし。
で、本人はゴドウィンが「実験」のために村を滅ぼしたと思っているけど、真実はDSが復活したためだから、DSとなって闘うのは利用されているだけでさらに悲劇ということに…。

…とか、納得できること優先で考察すると、相当鬱な展開になってしまう…。
と、以上は自分の思いつきな考察だけど、今回の本編では、面倒見ていた子供達を失ったクロウの追い詰められ方もきつかった~。
でも目覚まし時計ブラフやら最初のコーナーで先攻やらの機知に富んだ戦略はクロウらしくて痛快でした。
それでも、互いが「自分の大切なものを奪った相手への復讐」という救いのない連鎖で闘うのはつらいなあ。クロウはDSを滅ぼせば皆が戻ってくると知っているようには思えないんだけど。(地縛神を倒したら、いけにえになった精霊が戻ってきたので、人間もそうである可能性が大)

ところで今まで怒涛の勢いでDSと(特に鬼柳と)闘っていてすっかり忘れてたけど、遊星くんの「そんなオカルトを信じろというのか?」は、どのへんで方向転換したのだろう?…とエンシェント・フェアリーと普通に会話している遊星くんを見て思いました。牛尾さんの驚きっぷりで思い出したというのもあるけど。

-追記-
あ~、書き忘れてて、でもいいかと思ったけどやっぱり突っ込まずにはいられなかったので。
ルドガー、そのDシグナー製造法はないわ~!
サイトの通販フォームから同人誌通販お申し込み頂いた方々、ご連絡が遅れて申し訳ありません。CGIをうっかりいじってしまっていたのか、お申し込みがあった連絡が自分のメルアドに届いていませんでした。
先ほどサーバのログを見て確認できた方にはメールでご連絡いたしました。もし「申し込んだはずなのに何の連絡も来ていない」という方は、このブログの右のフォームからご一報下さい。
重ね重ね申し訳ありませんでした!
自分用サブタイトル
第50話「双子でデュエル エンシェント・フェアリーカムバック!」

あああ、トルンカが、トルンカがじっさまに…!
でも男前なじっさまだったなあ。彼は「黒衣の大賢者」なのかな?
こうして見ると、じっさまと幼い女の子って組み合わせがほのぼのしてて好きだなあ。しかも対等な友達、みたいなの!あ、ばあさまと幼い男の子もいい!年寄りと子供の組み合わせで心がなごむということなんでしょうか。元にもどったということは、サヨナラということだけど、精霊界エピソードはどうしてもサイドストーリーで、あんまり長くやっても本筋のテンション低下につながりそうなので、このへんが頃合いで正解かも。
レグルスが鎖を断ち切れる力を持ついきさつとかも「それはまた別のお話」的ファンタジー設定とかありそうな気がするけど。

あと、今回はデュエル自体を面白く観られました!
大人の声援を受けながら、子供2人でがんばってデュエルするの。
たとえば龍亞を主人公にしたもっと低年齢向けホビーアニメだとこんな風かも、という感じ。しかもそれならそれでけっこう好きだ~。遊星が「あこがれのお兄ちゃん」で。
そうそう、予告の「龍亞、よくやったな」の声が優しくて、龍亞といっしょに「ゆうせ~」と涙声になりそうでしたよ!
いいなあ、子供とあこがれのお兄ちゃんってのも!なんか5D’sは、年齢を超えた交流が多く描かれてて嬉しい!。
フォーチュンカップの時の氷室ちゃんと矢薙のじいちゃんと龍亞、龍可の双子とか、すごくなごんだなあ。忘れがち(なのは自分だけ?)な天兵もいいアクセントだったと思うし。

双子にとって、「ちょっと怖いつっぱったお姉さん」だったアキさんがこの先、優しいところもあるお姉さんになって行っての交流とかも見たいけど…。
「クッキー焼いてあげるわ」とかって台所に立つのはいいけど、全然不器用でクッキー黒コゲにしちゃうアキさんをなぐさめる双子とか見たい!…けど、しばらくきびしい闘いの展開が続きそうだからなあ。
こう、スペシャルで「シグナーの休日」を見たい気がとてもする。

ところで、双子にとってジャックが「あこがれのお兄ちゃんの彼氏で」…ってマイ設定は、ここだけの秘密。(と言いつつ、ひそかに布教)
yusei

届いたとですよ!新遊星缶。
で!ひとつ発見。
今回のTinを覆う透明フィルムは、一面に「KONAMI」のロゴがプリントされてるんです。
こんなのは初めてだなあ。
つまり、これって…。
アメリカでの遊戯王カード販売の権利をめぐってひと悶着あった後、これまでのアッパーデックに替わってコナミが販売してることの証?
双子可愛い!耳の脇のひょろんと出た髪がポイント高いです。ジャックのにょろんともども、耳脇の髪フェチ推進運動実施中?

ruaruka

龍亞が今週もかっこよかったです!!龍可ちゃんは面倒見がいいし。トルンカ渋可愛いし。
正直話はもっと加速がほしいし、魔王を倒すお約束展開か…とも思うがこの子たちががんばってるのを見るだけで楽しいからまあいいか!
現実で龍亞が猿魔王ゼーマンを倒すことで、精霊界の龍可も猿魔王を倒してエンシェントフェアリーを助け出せるに違いないから、今度こそ龍亞勝てるんじゃないか?と期待しまくってます。

あー、するとディマクさくっと負けちゃうのかな?それはそれで彼の「ダークシグナーとなって闘う理由」が見えないままで、非常に釈然としないものが残る…。
それにそんな敵に勝ってもあんまりうれしくない。…ので、あれはもしかしたら操られてるボマーさんかも…。

あと、パワーツールは相変わらず龍亞を守ってくれてて、みんなの持ってるドラゴンカードの中で一体だけドラゴン族じゃないみそっかすだけど、本当にいとしいヤツ!
龍亞がシグナーになると同時にパワーツールもドラゴン族になって…みたいな展開があると泣ける!超希望!

…と思いながら初めてちゃんと双子描いたら、すごく楽しかったです!1本まつげ(?)が龍亞が上向きで、龍可が下向きなのも可愛い!他に言葉を知らないのかと言われたらその通りなのだけど…この子たち可愛いんだもん!
自分用サブタイトル
第48話 「がんばれ龍亞!白き獅子レグルス探しで龍可の留守の間に」

OP変わってましたー!!
双子がむちゃくちゃ可愛いくて繰り返し見てしまった!
ジャックとアキさんもそれぞれの「宿星」の相手とのシーンに変わって、遊星VS鬼柳とお揃いな画面に。

ところで先週も思ったけど、シグナーのチームって、「サイボーグ009」に似ている。
最初は「戦隊もの?」という気もしたけど、それだともっと全員力を合わせて…という展開になるんだよなあ。
「必ず勝って、もう一度会おう!」(by不動遊星)とそれぞれの戦場へ散り散りに向かうあたりが009で、なつかしいようなうれしいような!

その第1戦がシグナーじゃない龍亞なのは、この先龍亞がシグナーとして覚醒するからですよね?ね?決して前座的なものじゃないよね?
今回、龍亞はすごくかっこよかったし、きっと勝ってほしいです!
遊星くんと対戦したときの「自分勝手な」デュエルを克服してほめてもらえていたんだし。

龍亞を見守る遊星くんは完璧に保護者でした(笑)牛尾さんと並んで二人とも龍亞を応援しているのが、1クール目を思い出すとものすごく異質な光景。
この後も、仲良し同士になりきらず、遊星くんと牛尾さんは最後までちょっと小さく火花とばすくらいがいいなあ。
余談だけど、牛尾さんは狭霧さんと上手くいってほしいです。そして尻にしかれて幸せになるといい!

そのころ龍可は遊戯王恒例のデュエルモンスターズ精霊界へ。
トルンカ(と言うと、東欧のパペットアニメ作家を思い出すのですが)をおんぶしてあげるなんて、いい子だよね。何気に面倒見がいいんですよ、龍可。
龍亞は龍亞で人のために一生懸命だし。どうして親に育児放棄されていながらこんなにいい子に育つんだ、二人とも?
あー、可愛いなあ!もういっぺんOP見ようっと!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。