上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このまま決戦に突入か?!と思ったら、開会宣言をしに来ただけだったダークシグナーはおちゃめさん。

それにしても、ええ~!ジャック、もうカーリーに気づいちゃうの?
てっきりデュエル中、レッドデーモンズでダイレクトアタックしようとしたときに相手のフードがはらり、と落ちて。
「お…お前はカーリー?!」という展開かと思ってた。

で、「いとしいジャック」と言うことは、Dカーリーになっても普通の感情が残ってるのかな…?
でも、じゃあどうしてDSの仲間でいるの?
いとしい人と戦ってまで遂行すべき同義的に正しい(と本人が思う)使命があるの?
それとも、死んで邪悪な存在になって人をひとり死なせたんだから、もう運命に従うしかないと割り切ったの?
ええ~、それで「会いに来て、いとしいジャック」ってのもなあ~…と最初思ったのですが…。もしかしてそれ、おびき寄せてるのかも!
つまりハニートラップ?
だとしたらダークカーリーハンパない悪どさ!ちょっと好みかも!

そうだよねえ、愛する人が自分のためにピンチに陥るとしたら逆に「来ないで!」だよねえ、普通…と言いつつ、カーリーのもともとのキャラがあまり自己犠牲と結びつかないとも思ってしまっています。

ここだけの話、カーリーのキャラはけっこう「惜しいなあ」と思うことが多くて、たとえば誰からの電話かわからない時点でありながらおちゃらけた返答で出たときは、社会人としてそれまずいんじゃね?…と思ってしまったし、アルカディアムーブメントに潜入する目的もたんに「ジャックと切れたくない」だったし…。
たとえ当初の目的でなかったとしても、彼らの陰謀を知って「とんでもないことを知ってしまったわ!絶対に阻止しなくっちゃ」と義憤に燃えるシーンがあれば「ああ、男を追っかけるだけの女じゃないんだ」と人間的に深みが出たと思う…。

でもカーリーにすごく共感できたシーンがあって、それは公園でアンジェラに会って「あんただって、ジャックのことあんな格好だけの男嫌いって言ってたでしょ」みたいなことを言われてた場面。ジャック本人がそれを聞いたのに気づいて、すごく申し訳なさそうなつらそうな表情で首を横に振るシーン。それと、「もうデュエリストを傷つける記事は書かない」と宣言するシーン。

あんなふうに真面目に自分や相手や社会に向き合ってるエピソードがもっとあったらなあ、アルカディアムーブメントでもディヴァインに「いいえ、あなた達の陰謀は絶対に公表するわ」と宣言してデュエルするとかだったらなあ、と残念に思うわけです。
…ていうか、AMの調査だって最初はジャック目当てだけど調べるうちに義憤に燃えはじめて「ジャック、私は危険なことに着手しようとしているのかもしれない。でも知ってしまった以上見なかったふりは出来ないわ。だって、そんな人間…ジャックにふさわしくないもの」とかさ…いや、自分カップリングはジャック遊星なんですけどね(汗)

私はジャックがすごく好きだから、ジャックは「いい女」に惚れられてて欲しいんだ~!
この先、カーリーが納得のいくいい女じゃなかったら、これから彼女と苦渋のデュエルをするだろうジャックが男を下げちゃうよ。
だから、作品として期待したいです。Dカーリーは卑劣に邪悪で、その影で白カーリーが「人ならぬものになって、人を傷つけて生きて(?)いく」ことにうんと苦悩してる展開を。この場合、カーリーが苦悩もしないぬるいキャラでいるほうがキャラとして冷遇されてることになると思う…。

今思ったんだけど、「人ならぬものになって、人々を傷つけて生きていく」ことに嫌悪しながらそれでも生きる…って、「ポーの一族」?!
じゃあ、ミスティさんがエドガーでカーリーがアラン?
あ…なんか、すごくいい。
百合?百合いいよ!も…萌える!すごく萌える!どうしよう!

(ちょ、ちょっと新たな方向性を発見してしまった…。けど感想のカーリー編おわり。遊星編に続く…のか?!)
スポンサーサイト
今回の5D’sに関して非常にショッキングで悲しいことがあったんですが。
…と言うと、「何を今さら」とアニメを見た方には例外なく思われるだろうし、事実アニメの登場人物に起こったことはとても悲しいしそれを観ていたファンの方にとっては間違いなくショックなんですが。…私の場合はどうしようもなく方向性が違っていてですね、何かと言うとつまり、自分が見る前に先に録画を見た家族に言われたんですよ…。
「マーサとラリー死んじゃったね」
…って!
さらっと!
うおおおぉぉー!
許さない!絶対におまえを許さない!(by不動遊星)
おたく人生始まって以来の最大最悪のネタバレだ~!(号泣)

しくしく、それを知っていながら観るなんて、なんてつまらない…と思ったら。
ネタバレ以外の部分だけでも普段の面白さに匹敵してるってどれだけ内容濃いの!

悲しい展開が来るとわかっていたのに、あのジャックの登場にはマジ爆笑した!確実に第1話での登場シーンを凌駕してました!
「地縛神などどれほどのものかー!」以下はジャック名言の歴史に残ること間違いない。あいかわらずのエンターテイナー。
そ、そしてルドガーとゴドウィンさんが兄弟だなんて…頭をよぎりもしなかった。ゼロ・リバースは遊星くんの父親の責任じゃないだろうとずっと思って(というか願って)いてそれにゴドウィンさんが絡んでるのでは、と予想していたのですが、これは…!

遊星くんが父親のことを「おやじ」と呼ぶのは意外だったけど、赤ん坊の頃に死に別れた父親をどんな呼び方であれ呼んでいたとは思えないので、あれはマーサとの会話で覚えたんじゃないだろうか…?
「遊星、あんたのおやじさんは立派な科学者だったにちがいないよ。だってあんたがこんなに利口なんだからさ」とかって。

ああ~、マーサ!
ネタバレされててもやっぱマーサの最後には泣いてしまいました。
音楽がやばかったし!あのせつないBGMで「あんたたちは本当にいい子だったよ」のセリフを聞いたときはうるうるなってしまった…。
マーサにとってはどの子も世界一いい子なんだろうなあ。
それぞれの子の個性にあわせて育てたんだろうな。
遊星くんは頭が良いくせに頑固だから、説くように話して聞かせてたんじゃないだろうか、まっすぐに目を見て。怪我をして目覚めた後の説教みたいに。
クロウなんかはちょっと目を離すと横道にそれてばっかでしかも悪びれないから肝っ玉母さんそのままに「何やってんだよ!」って叱り飛ばして育ててた気がする。
で、ジャックはもうほめてほめて!実は落ち込みやすい子だから芝居っ気たっぷりに「いい子だ、いい子だねえ」って。
うう、悲しいよ、マーサ。

ラリーも「遊星はオレ達サテライトの希望なんだ」でやられた…。ウロウロしてた海外フォーラムで「ラリーは第1話のときから一貫して遊星に尽くしてきたよね。盗みだって遊星のDホイールのためだったし」というのを読んで、ああっ、そうだった!とじーんと来た。
ルドガーから姿が変わって、最初に引いたカードを持つ手が震えていたのがつらかった。

どうなるんだ、この後。どうなるんだ?
たぶん10話どころじゃなく後になるかもしれないけど、ダークシグナーを倒して地縛神を再び封印したらみんな戻ってくる展開はありそうな気がする。というか、あってくれ!ダークシグナーになった人たち以外は。
鬼柳さんもカーリーも生き方(と死んだこと)に筋を通すなら甦っちゃダメだと思うので。
yusei

チョコクリームのケーキを作りました~!
この前届いたマグカップ、ジャックのには紅茶、遊星くんのにはミルクだ!もちろん!
そして一切れのケーキを分け合って食べるといい。

マーサはごくごくたまにだろうけどケーキとか作ってくれそうでよかったな~。サテライトってもっと殺伐としていそうだと思ってたから。

「あのときのケーキはチョコの味だったな…」とジャックは思って、その日がんばって板チョコを手に入れてきたりして。
でも遊星くんはその(逆)チョコの意味がわからなくて、それをラリーにあげようとしたりして。
「あいつはこんなもの食べたこともないだろうからな」って。
でもジャックは自分と遊星くん、自分と世界、という常に自分が入ってる人間関係しか認知できないから、遊星くんが他の誰かを気遣うのにすごくイライラするわけで。
「オレはおまえに持ってきたのだ!」とか言って無理やり食べさせようとするの。
すると無理強いされるのがなにより嫌いな遊星くんだから、そう言われれば言われるほど従おうとしなくて。
「食べろ」「食べない」をえんえん繰り返したあげく、業を煮やしたジャックに口移しで食べさせられればいい!
で。
「これで、あのときの借りは返した」…とジャックに言われて初めて、子供の頃に貴重なケーキをジャックに盗られたことを思い出す遊星くん。
でも甘いものにはあまり執着がなかった遊星くんはそのときも怒りもしなかったのだけど、ジャックにはそれがかえって「自分を無視した」みたいに思えて、ちくりと胸が痛んだりしていたんだな、これが。
で、ずっと、ずっと、ずーっと、そのことを覚えていて。
「これで貸し借りはなしだ」と言いながら、無視された(と思い込んでる)過去をすこし軽くすることが出来たと思うジャック。
それがはじめての遊星くんとのキスだと気づくのは後になってからなんだってばよ。

…って、どこのナルトだ自分は!
うん、でも…いいなあ~!チョコとかケーキとか。甘々で。

ちょろぎっぽいと評判(自分にだけ)のイヤリングのルドガーさん。

stand_on.jpg

じつは私は、人の名前と顔を覚えるのがものすごく苦手です。
スーパーとかでいかにも知り合いっぽく声をかけられて世間話をひとくさりした後でも、その人が誰なのかわからないままだったりはしょっちゅうです。

アニメキャラなら今まではだいたい大丈夫だったんですが、今回2クール目のキャラ紹介で見たときから、ルドガーとディマクの区別がつけられないでいるわけです。フードかぶってるからってのもあるんですが。
服のラインの色で区別できるかと思ったけど、今思い返してもダークミスティさんとダークカーリーのラインの色がどっちがどっちかよく覚えていません。

というわけで、ありがとう、ちょろぎ型イヤリング!それをつけてるのがルドガーさんですね。
しかし、こんなに早く1人で乗り込んでくるのが解せないし、アキさんが言ってたように蜘蛛の地上絵のサイズが小さいし…で、あの人は偽者なんじゃなかろうか。
下の↓感想の自分用サブタイトルにルドガーを「ちょろぎ」と呼んじゃってますが、彼のしてるイヤリングがそう見えてしかたないという件。
他の方々が、ルドガーの顔の痣がジャックの腕のと似ている、髪形も似ている…もしかして父親?…とシリアスに考察していたらしいときに、自分はちょろぎ。「ちょろぎ」をググってこんなアキバ向けお惣菜を見つけてうけてたりして…。

そんな場合じゃなかったんですねーっ!
またまた遊星くんのパパの話が出るし、やはり悪に堕ちた父がラスボスというのは燃えるネタです!どちらかの父親でやって欲しいです。

ネタといえば、ジャック!
ネタだらけの過去持ち男だなあ!その「キングたるもの」って、小さい頃からキングを気取ってやってたんだ?
でも今またやれと言われてやる?普通?(笑)
それだけマーサに頭が上がらないのか、素直なのか。
きっと両方なんだろうな。「いい子だよ」ってマーサに言われてたけど、きっとみんなの中で一番素直(バカ正直とも言う)な子だったんだろうな。
だから幼い頃の夢を持ち続けて(しまって)キングになりたくて遊星くんたちを裏切ってシティへ行ったわけだ。
ジャック可愛いよ!なんなんですか、この可愛い攻めキャラは!(あくまでも自分的には攻めキャラ)

やっぱり2人のうちで上手を行ってるのは遊星くんだなあ。
「仲間になどなっていない」みたいに言うジャックを完全無視!…に見えて一番正しいジャックの対処法なんですね、それが。
でも食事中に演説ぶつあたりは、やはりKY。かっこよかったけどね。

遊星くんの「なりたいものになれる」もだし、マーサの牛尾さんへの叱咤激励もだし、未来へ希望を持てるセリフをいっぱい聞けて、元気をもらえる回でした。
でも、終盤、子供の魂がかかったデュエルへ突入。来週はきびしい戦いになりそうだなあ…って、恒例スーパー次回予告で、トークン4つ燃えてて、地縛神召喚されてるし。一番ネタになるのが次回予告なのが5D's。
自分用サブタイトル
第45話 「ハートブロークン牛尾さんとちょろぎルドガー」


yusei

自分用サブタイに詰めても詰めても詰めきれないくらい面白い回だったんですが、もう、とりあえず、ダンスは上手く踊れない遊星くんをジャックはダンスに連れ出すといい!
シティ仕込のダンス、と言いたいけど、ジャックはなんとなく仁王立ちでどすどすと踊るような気がする。
遊星くんの「ダンスは、苦手だな」は、あれだ。「ミルクでももらおうか」と同じく相手の挑発に皮肉で返しているわけですが、遊星くんは本当にダンス苦手そう。
この前TVで蟹がもたもた脱皮してるのを見て「遊星くんも服の脱ぎ気が不器用だったら可愛い!」と思ったのにプラスして。不器用な遊星くん!萌え!

海闇では何度もダンスシーン描いたんですが、この2人でダンス萌えが来ようとは~!うろ覚えのポーズなので、手の組み方とか間違っていそうな気がしますが、なんだか知らんがとにかくよし!(散さま風)男2人で踊ってるわけだし。(調べようよ、自分)
5月31日の5D'sオンリー「星屑祭」に、Tumbleweedさんと合同参加します~。合同申し込みだと参加確定ということなので(よかった、よかった)今からもう新刊モード突入です!テーマはズバリ、記憶喪失遊星くん。

だって、4kidsがお手柄なんですよ~!遊星くんを記憶喪失(だけどジャックのポスターには反応するとか、ジャックがインタビュー番組で言った「デュエルをすればその人物がわかる」みたいな発言を根拠に龍亞が遊星にデュエルしよう!と言い出すとか)だったり。

でも遊星は自分の記憶喪失を全然気に病んでない様子で…。それはきっとずっと「自分にとって過去はなくてもいい」という思いが常に付きまとっていたからじゃないかなあ…って。
鬼柳を死に追いやった事件や両親が原因となったゼロ・リバースで、後ろめたい思いを抱いていたんじゃないかな。

でも、ジャックは猛烈に怒ると思うんですよ。なんでオレを忘れたんだー!って。
たとえば遊星がケガをしたと聞いても、ジャックはやってこないかもしれない。それは遊星くんのことがどうでもいいからじゃなく、ジャックにとって遊星くんが回復することは「当然」なのかも。根拠も何もないのに(ジャック脳だから)
遊星くんはジャックにとって「振り返れば必ずいる存在」なんじゃないだろうかと思うんですよ。
必ずサテライトから自分に会いに(ジャック脳だからバイアスかかってる)来るという自信があったように。
だけど遊星くんが自分のことを忘れるなんてジャックにとっては「ありえない」ことに違いなくて…。
あ~、はやく龍亞から連絡うけて、腹立てながら飛んで来ればいい、ジャック!

あと、海外の掲示板で女の子たち(間違いなく腐女子)がジャックのセリフをきゃっきゃ言って喜んでいたので20話を見たら、廊下でボマーさんと出会ってのセリフ!
"Don't even think of beating Yusei. He is all mine!"
「遊星に勝とうなどと思うな。やつはオレのものだ!」
4kids ステキすぎ~!アメリカに向かって手を合わせたい、マジ。

でも、廊下でボマーさんに声をかけるときのセリフが"Nice outfit."なのが可笑しいですよ。
…と書いた後で、日本語版のジャックが言っても違和感ないんじゃない?という気がしはじめました。
「いい服装だな」
自分の肩スパイク付き形状記憶コートを棚に上げて皮肉を言うジャック。うん、有りだ。
yusei

「ジャックは遊星にDホイールとカードを盗んだことをどうあやまるのだろうか」と凡人まるだしな感じで思っていた時期がありましたが、「幼馴染」というか「兄弟同然に育った」者同士だと、もう言葉じゃないのかもなあ。
さりげない雰囲気で「あ、こいつこう思ってる」みたいな、あうんの呼吸みたいので気持ちがわかるのかも。

夕食のウインナーとかから揚げを盗ったの盗られたのとひとしきり兄弟げんかした翌日にはもう、ちゃんとした仲直りの言葉もないのに、いつの間にかまた元通りの仲になってるみたいな。

マーサの話だと遊星くんは、昔はジャックやクロウと頼り頼られ、育ったのか…それは可愛いぞ~!サティスファクション時代も笑い転げてて、そんな感じだったし。
それが、「絆」にこだわるわりに、何もかも自分で背負ってしまうようになったのは、鬼柳の件か、両親がらみか…ずっと自分が思ってるのは、その両方がからみあってじゃないかなあ、って。

遊星くんがトップス生まれだったことがわかって、サティスファクション内に(特に鬼柳と)不協和音が生まれて、それがめぐりめぐって鬼柳の死につながってたりしたら、遊星くんがことさら鬼柳にひけめを感じたり、伝説の男になぞらえられて「オレはそんな柄じゃない」と背を向ける発言したり、今回の「シティとサテライトをひとつに」の決死の覚悟も納得がいく。
…と書いてて、ますます遊星くんがいとしくなった。自分の妄想だけでほぼ成立してる設定だが、せつない!

自分用サブタイトル
第44話 「第2回デュエル中断!サテライトへの早朝フライト」

公式!?公式で「不動博士」なんだ~!
今回、クロウとイェーガーさんがくるくる表情変えながら軽口たたいてのデュエルが面白くてたまらなかったけど。クロウのデータをカンニングしちゃったり謎の気球(風船)で空へ去っていくイェーガーさんも、「オーマイガーッ」なクロウも面白すぎたけど。(この2人は本当にいいコンビだ。デュエル中断が残念です。いつかリベンジデュエルしてくれるよね?)

でもでも、やはり「不動博士」が公式だったのが自分的最大のトピックでした!
ゴドウィンさんが「運命が導いているのでしょう、不動博士の息子」と話しかけたのも以前の建設中断の橋の上での遊星くんへの話のシーンの再現で、ますますゴドウィンさんの過去が遊星パパとつながりがあったことを示唆していてドキドキワクワクですよ。
…と書きながら、あのとき自分はどんな感想を書いたいたっけとあやふやになってきた。
…ので、もう一回見直しに行きました。歳は取りたくないものだなあ。
で、読んだ10月28日のマイブログ記事。

http://animania.blog6.fc2.com/blog-entry-299.html

うむ…われながら萌えてました…大丈夫か、頭?(笑)
でも、ゴドウィンさんは過去にサテライトで幽閉されてた…とアルカディア・ムーブメントのファイルにあったので、これはないな。…それとも、ゴドウィンさんが本当にゼロ・リバースの過失の原因で、その罪を問われていた、とか。
あるいは、今回遊星くんにことさらに「伝説の男にならうつもりですか?」と言ったのは、長官伝説の男フラグ?
ともあれ、このへんの伏線が
【第30話】「遊星、あなたはどうしてDホイールに乗るのですか?」

【第32話】「オレはそんなガラじゃない」(雑賀さんが竜の痣を「サテライトの開放を目指した男の志を継ぐしるし」と言ったことへの遊星くんの返答)

【第44話】「運命が導いているのでしょう、不動博士の息子」「伝説の男にならうつもりですか?」
…と綺麗につながっていて、ますます真相が楽しみです。

ところで、すっかり忘れてたけど、遡りながら読んでいったら前の感想に「ジャックがサテライト出身だとマスコミに情報を流したのってゴドウィンさんじゃないかな」と自分で書いているのを見つけました。
        ↓
http://animania.blog6.fc2.com/blog-entry-304.html

あの時は、よもやアンジェラに直通でリークしているとは思いもよらなかったけど。
長官、裏で色々しすぎ。
どれがダークシグナー側の仕業でどれがゴドウィンさんの企みなのやら…。大体、イェーガーさんは何しにサテライトへ来ていたのか…。そう考えると今回のあの怪しい霧もイェーガーさんが仕掛けたものかもしれない…とか。もう、疑おうと思えばどこまでも疑えてしまいますよ。
ついでに脚本家さんたちは伏線(に見える設定)を全部回収してくれるのだろうか、とちょっとだけ心配になったことを白状してしまいます。

それにつけても「なんだ、おまえか」(←ぼそっ)&決意を胸にした顔に上る朝日がさしてくる演出の遊星くんが最高だった!
あと恒例、スーパー次回予告の笑顔と!あれ絶対にマーサにけちょんけちょんに言われてあせってるジャックを見ての表情だよね。楽しみだ~!
あ、最後に。屋根の上に寝っころがってるジャックは今回も面白すぎでした!
びっくりした~!
何人もの人から「いい、いい」と感想を聞いていたWALL-Eを観に行ってきたのですが…これ、某映画へのすごいオマージュになっているのに感動…とか、ネタバレになるので、読んでいい方だけどうぞ…
   ↓

続きを読む »

映画を観に出かけた街にある地名…。

oniyanagi.jpg
「おにやなぎ」と読むんですが。ここから郵便を出して満足したかったのですが、休日で閉まっていて残念でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。