上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミケから帰ってまいりました。
すごく楽しかったです!…一昨日の行きの新幹線が3時間以上遅れたこと以外は。そのせいで会場着が午後2時過ぎで、チェックしていた同人誌の多くが売り切れてたこと以外は…。
うう、やはり出発前にブログで「売り切れてたらあきらめる」という弱気なことを書いていたから現実になったのでしょうか?これがいわゆる言霊ってやつ?(たぶん違う)
次こそは「何が何でもゲットするぞ!」という気合で行かねば…!

そんなわけで今回の上京は結果的に、ジャック遊星な方々のオフ会に混ぜて頂くことがメインという、ものすごくあっぱれなことになりました。これはこれで大本望かも!
だって一緒にお食事する方々が、みんなジャックファン!で遊星ファン!でジャック遊星ファン!なんですよ~。何この幸せな空間は?!
幹事さんにも話相手をしてくださった方々にも感謝感謝です。あ~、楽しかったなあ、オフ会。
鶏鍋も美味しかったし。途中で注ぎ足してくれる出汁が趣向を変えて柚子風味なのが、またいい。デザートのほうじ茶のプリンが上に乗ってる小豆と相性抜群だったし。

やっぱりイベントいいなあ~。来年は5月に5D's、9月に無印のオンリーがあるんだけど…がんばってサークル参加したくなってきた。
スポンサーサイト
まだ準備が終わってない…のに29日になってしまった。
そして始発の新幹線でコミケに向かいます。どきどきわくわく。
体力に自信がないので、あんまりしゃかりきにならないようにしよう。でも、サークルチェックはぬかしなし!
う~ん、でもなあ。会場着が11時くらいになりそうなので、売り切れてたらあきらめるしかないなあ。でももうひとつの目的の、お友達サークルさんと会って、食って、飲んで、萌え話はするんだ~!!
てなわけで、行ってきます!
自分用サブタイトル
第39話 「シティに降臨!2体の地縛神」

アニメにつっこむのが大好きな私のような人にサンタさんがプレゼントしてくれたとしか思えない、突っ込み所&見所満載の回だった!

弟を殺されたら殺した人と関係のない多くの人を地縛神召喚のために生贄にしていいの?とか
ディマク普通にサテライトからシティに来てるじゃん、とか
カードが金属より硬いのはもうこの世界の常識なのね、とか
アキさんを姫だっこして「カーリー」なんてジャックどんだけタラシなのよ、というか
この回で初めて5D’s見たひとはやっぱりジャックを男主人公だと思うだろうな、とか
目がノーマルモード/反転モード切替可能なのは女DSだけ?とか

…色々あるんですが、最大の見所がラストのミスティの百合全開モードだった、と思うのは私だけいい。
いや、ミスティは何かたくらみがあってカーリーに優しくしてるのかもしれないけど、半々の確率でああいうキャラなのかもしれないと思うんですよ、うん。

で、最大のびっくりは、カーリーが白カーリーモードに戻れること…!ええ~!それってかえって酷じゃないですか~!ああ、でもきっとこの後はぐるぐるメガネの時とは違う白カーリーモードなんだろうな。
どうしてあんなぐるぐるメガネかけさせてるんだろう、ノリがよくてドジっ子ででも時々シリアスってキャラが可愛い顔してるとヒロインを食っちゃうからだろうか、と邪推していたんですが、さらに苦悩キャラ化すると完全にこの番組のスポットライトの中心に来ちゃうので、登場後の前半は抑え目にするためだったのかも、という気がします。
う~ん、キャラに関しては本当はこんなメタなこと考える視聴者じゃないんだけど、ここまで波乱万丈なものを背負わされてると、考えずにはいられない…。

とにかくこのまま来年まで2週間放映なしとは…遊星くん成分が足りないよ(涙
お正月はDVD三昧だ!

あ、あとミスティの地縛神の登場がもろ怪獣映画でワクワクでした!見た目も可愛いカエルだったし…あれ…トカ…ゲ…?


http://www.yubin-nenga.jp/sokanzu/index.html

ここでやってみた。

じゃっくあとらす から見た ふどうゆうせい の関係がメシ友なのがなんともかんとも。
いや、そんなてれかくししなくていいから!…ツンの時期なのか!?
ダークプリズムパワーメークアップ!とか、カーリーフラッシュ!な方向でぜひ。



絵はこんなですが、38話を見て以来、カーリーのDカーリー化に何かしっくりこないものを感じていて、気がついたら結構シリアスに「どうしてだろう」と考えていたりします。
アニメキャラが死んじゃうのは、「皆殺しの富野」と呼ばれているらしい富野監督のロボットアニメを見て育ったおかげで全然平気(富野作品は舞台が戦闘下で、殺るか殺られるかのアドレナリン出まくりの状況が多かったのでむしろ受け入れやすかったかもしれないけど)なので、問題はそこじゃない。

それより問題は、「お前に復讐するためよみがえった」のあたりのような気がするんですよ。Dカーリーになってからのセリフではあるけれど、「復讐したい心」は死に追いやられたもともとのカーリーのもので、その心につけこんだ何者かが彼女をDシグナーにしたと解釈するのがあの時の自然な展開だったわけで。
つまり「殺されて復讐心をたぎらせる」のが、カーリーのキャラに合わないんじゃないか?というのが私が感じてる違和感の正体だと思うんです。
いや、カーリーだけじゃなく、あの状況で殺されたら最後に残る感情は「憎しみ、恨み」より「失敗したー!潜入捜査なんてやめときゃよかったー」という後悔なんじゃないかな?
胡散臭い組織であるという情報まで買ってて、「弟を殺された」という聞き込み情報までゲットしていてなお単身潜入したわけだから。

つまり…
●奉公先のお皿をうっかり一枚割っちゃう→怒ったご主人に斬り殺される(ひどい!人命より皿のほうが重いの?)→恨めしくて化けて出て憑き殺す(そうだそうだ復讐してやれ!)だけど…
●人殺しの噂すらある秘密組織に調査のため潜入→見つかって殺される(だからやめときゃよかったのに)→恨めしくてD化、闇のデュエルで殺す(いやお前のやるべき復讐は、悪事のすっぱ抜きじゃね?)

こんな感じ。

ただし!
カーリーの場合の後悔(残った悔い)は、「あーん、ジャックと夫婦になって幸せに暮らすはずだったのに~」だと思うので、それを奪われた恨みというなら、理にかなってはいる。
かなってはいる…けど、それ、全然妄想段階なんですけど。いや、たとえ妄想であれじっくり時をかけて熟成されていれば、こちらにも心の準備もあったんですが。
前回の37話内での妄想のアクセラレーションにこちらがついて行けてなかったというべきか。
ジャックが言った思わせぶりなセリフといえば「オレはお前に無事でいてほしい」のひとことで、それだけで彼も自分に気があると思うのは早とちりすぎる。もう少しカーリーが「将来の約束を交わした」と思い込んじゃうようなエピソードがあれば、ずっと違和感少なかったんじゃないかなあ。
…いやしかし、もともと早とちりで考えより先に行動しちゃうっぽいキャラだからDシグナー化の時まで早とちりの思い込みによる無念の気持ちで、という演出だったのかな。
…はっ、もしかしてこの先Dシグナー中でもお笑い担当キャラとして定着するとか。

ルドガー「よくやった、新たに目覚めしわが同胞よ」
Dカーリー「え、そう?えへへへ、ディヴァインなんかメじゃなかったんだから~」
という路線の前フリ?
Dカーリー「やだやだやだ~、こんな反転眼いやなんだから~」
Dミスティ「大丈夫ですよ、ほらこうすればもとどおり」
Dカーリー「あ、な~んだ、普通の眼になれるんじゃない。あたしってけっこう美人?」
みたいな。
なんかどんどんそんな路線がありそうな気がしてきましたよ…!
うちの地元に「鬼柳」という地名があって、読み方は「おにやなぎ」なんですが。きっと誰もがやってるんだろうなーと思ったけどふとググってみました。
http://onikenbai.fc2web.com/top.html
ああ、うん。知ってる、その民芸舞踊。ていうか、見たことあるよ!
…平成20年主題は『絆』 って、やっぱりそうか!今年もあと10日ほどですが。
自分用サブタイトル
第38話 「蘇りし魂 新たな女ダークシグナーズ」

あああ、なんか前回以上に超展開!
カーリーのダークシグナー化は、予想すると実際に見るとじゃ大違いだった。落ちた後の顔のアップなんか、うわあ…本当に死んじゃったんだ、と。二度と直視できそうもない…。
心のどこかで「もう~、本当に死ぬところだったんだから~」と言って元に戻れるダークシグナー化を期待していたような気もしますが、気がするままで終わりそうです。
なんか、以前のカーリーとダークシグナーのカーリーとが繋がらなくて、ちょっとストーリーを追いきれてません…。あまりにも墜落→復活→復讐がはやいせいかなあ…そりゃ自分を突き落とした相手だからディヴァインが憎いのは当たり前だけど。

ミスティのダークシグナー化はあんまり驚かなかったな。それより今回の胸のでかさに驚いた。ダーク衣装になると胸元が隠れて残念です。
ダークカーリーは衣装的にはグッジョブでしたが。ダークシグナーの中でのヘソ出しとそうじゃないのの基準は何だろう?年齢?二十歳超えると出しちゃダメ、とか?私的には全然ダメじゃないよ!ルドガーとディマクも出してていいよ!

アキさんのセリフには泣けたなあ。「ここが私の帰る場所」って。親からも社会からも恐れられたあげくに、ようやく見つけた居場所だったろうになあ…悪の組織だけど。

ボマーさんの登場はうれしいサプライズ!また登場するとは正直思ってなかったので。でもこの後彼はどっちにつくんだろう?
故郷の村を滅ぼしたゴドウィンさんへの復讐でダークシグナーに利用されそうな気がする。
遊星くんの「サテライトを守りたい」という気持ちとまったく同じ故郷への想いだけど、それが真っ向から対立してるのが皮肉だなあ。はっ!やはりボマーは遊星くん側と闘うことになるのかな…クロウとかとだったらキャラの位置的にしっくりくるし!

それにしても、それにしても、地縛神の地上絵はシティにも現れるものだったんですか~!?
てっきりサテライト限定かと思ってた…。じゃあ、ゴドウィンさんが言っていた「サテライトの災いをシティへ来させない云々」のためにサテライトへの橋建設を中断させたのはフカシ?
う~ん、そうかもなあ、ゴドウィンさんがサテライトを作ったんじゃなかったらしいから。

ところで、今回初めてこのアニメを見た人がいたら、きっと男性主人公はジャックだと思うに違いない。遊星くんが登場してくれただけでもうけもの的ストーリー展開だったから。新生ホイールオブフォーチュン、高性能すぎ(笑)


昨日ので終わりにしようと思っていたのですが、背景をなんとかしろとの逆拍手(?)を頂いたので、シルバニアシリーズありったけ発掘してきました。
Dホイール用ガレージ付きの、2人のための新居です。
マジックリンとたわしで遊星号を洗い終わって一息つく遊星くん。
自分はミネラルウォーターを飲みながら、「ジャック、 紅茶が冷めるぞ」


だから!はやくジャックフィギュアを出して!!


ありがとう!シルバニアファミリー
サイズがピッタリらしいと知って、うちにあるのを探し出してきました。本当に椅子に座ってくれた…!足もちゃんと下に着くし。
遊星くんのために家を買ってあげたい!


届いた~!!遊星号&遊星くん。かっこいい~!3次元で見れば見るほど、よくこんなマシン1人で作ったなあ、遊星くんは、と感動でいっぱいです。
ちょっと座高が高めなの、うちの遊星くんだけ?髪が上にはみ出てる…けど、そんなの気にするもんか!
実際にホイールが回転するし繊細なパーツもあって、「親戚の子供」には要注意だな。
今夜は枕元に飾って寝よう。いい夢がみられそう。

あと、イベントで売り切れご免みたいに書いてあったコスパのグッズ、予約注文受付(2月発売)になってた~!遊星くんのとジャックのとマグカップ注文した。うう、5D’sビンボーだが、それも本望だ。
自分用サブタイトル
第37話 「潜入!アルカディアムーブメント 萌え妄想→落下のカーリー」

なんか、展開すごすぎて…えええ~!これが世に言う「超展開」か~!おまけに謎が増えてるし(汗)
エンシェントフェアリードラゴンが迎えによこす「レルグス」って何者?
ゴドウィンさんが昔サテライトで囚われの身って…?
じゃあ、サテライトってどういういきさつで出来たの?

それにしてもカーリー、妄想が暴走しすぎてたが、ベビージャックが見れたのでOK!ジャックも赤ん坊の頃ああだったんだ~。もみあげちょろんは、やはり成長と共に伸びてくるんだろうな。
…とか言ってる場合じゃなく、あにてれ予告での「Dカーリー」で闇のデュエル…って!!
OPのダークシグナー2人のうち、脚を組んでる人と手を見せてる人の2人は女性に見えるけど…そのうちの1人がカーリー?
「ただいま」感満載で気前よく登場した鬼柳が「ダークシグナーもまだ全員揃ってない」ようなことを言ってたから、これからダークシグナー化するのか、カーリー?蜘蛛に操られて…というパターンも有り得るけど、また地上絵が登場するからなあ。
ダークシグナーって、5000年前の記憶を全員持ってるっぽいから、昔の邪悪な魂が宿るみたいなことになるのかもしれない。。
でも、お笑い担当で来てたカーリーがシリアス邪悪キャラにというのは、慣れるにはクロウするかも…って一発変換がこれですか、マイPC>苦労。
そういえばクロウはどうしてるんだろう?彼には面倒を見てる子供たちがいるから、無茶しないでほしい。あの子供たちって、マーサのハウスにも収容しきれない子たちなんだろうか?

マーサといえば、昨日あたりに他所で「海馬は遊星くんより年上に見える」みたいなことを言ってた私ですが、育ちを考えるとそうかもなあ…って、海馬がかわいそうになった。
困難な状況でも愛情たっぷりに育てられるのと、裕福な環境で虐待されて育つのとでは、はやく大人にならないと自分で自分を救えないのは後者だよね。
でも、かわいそうなんていわれたら屈辱でぶちきれそうだけど、海馬(笑)

…と、感想から話がずれましたが…どうなるのか予想もつかない5D’sおそるべし!はやく!はやく来週が見たいです!
大好きですバトンをウララさんから頂いてたんだけど、2回めなので、変更のないところは氷室さんからいただいてた時の答えと同じということで。
今回の回答です☆

◆送ってきた人の名前は?
ウララさん

◆その人はどんな人?
正直で、言葉と行動がちゃんと一致してて、自分が大切にするべき事柄の順列を間違えることがない。信頼できる人。あ、でも時々ドジかも(笑)
外見は海馬社長or元キング(ああ~どきどき)なのに、内面は女性らしいんですよ。


◆その人のこと好き?
もちろん。これからもよろしく!

ウララさんには仙台にいたときから仲良くしてもらっていたんですが、仙台といえば…。
FC2のトラックバックテーマが今回第632回「あなたの周りに双子はいますか?」なんですが、(ここ、おたくブログだからトラックバックしないけど)仙台は双子が多かった気がする!
しょっちゅう見かけてたし、あるとき双子のお母さんとお話をしたら、その方の親戚に双子がけっこういるそうで…。血統的に双子の生まれやすい家系とかあるらしい。
あ~、双子ってかわいいなあ。龍亞&龍可かわいいなあ~(結局そこなんだが)
え、英語版(4kids版)5D's第13話に…萌えてしまった…!
だって、だって、双子に助けられて目覚めると…
遊星くんは記憶喪失なんだよ~!!
前にそんな展開を妄想したけど、まさか現実になるとは!ありがとう4kids様(←とりあえず様付け)
ソファで目覚める→ 龍亞に名前を聞かれて「わからない」と、自分でも呆然としたように言う遊星くん→ OPという流れもいかしてる!
自分達が運んできてやったという龍亞に続けて「重かったのよ」と言う龍可がこまっしゃくれてて可愛い!

そしてそして!
「記憶喪失になる」という予告を聞いていたので、龍亞がずり落ちた自分のデュエルディスクをあたふたと直してるのを見てラリーを思い出すシーンはカットだろうなと思っていたのですが…ちゃんとあった。
それどころか「お前を見てると誰かを思い出した気がする。誰かはわからないが」って。記憶を失っててもラリーを思い出すなんて…絆はちゃんと残っている!って感じがひしひしと伝わって、ここ、思ってもみなかった感動!
相変わらず多弁な遊星くんで、自分が記憶喪失だという悲壮感は正直、ない(笑)けど、このシーンには萌えた!このために遊星くんを記憶喪失にしたんじゃないか?4kidsの中に腐女子がいるんじゃないか?と詮索してしまいそうになりましたよ。

で…!それに先立って、遊星くんがジャックのポスターとフィギュアに眼を留めたのを見て「ジャック・アトラスに何か重要な意味を感じるの?」と龍亞に聞かれて「ああ、だがなぜだかわからない」…って!
誰か!はやく日本語字幕をつけるんだ!そしてみんなで萌えよう!(笑)
4kids始まって以来の快挙(同人目線的にだけど)じゃないかと思うなあ、マジ。

まともな解説は、ピグモんさんがしてくれてるので、こちらへGo!
丸写しになるのでここには書かないけど、↑こちらの解説にある、龍亞が「憧れの」ジャックの言葉を引き合いに出して遊星くんにデュエルをしようとせがむのも、萌えると同時に説得力あってよかった。
出ええる~のかあ!
遊星くんのマグカップとかジャックのマグカップとか。他にもスターダストのトートバッグや海馬ランドウインドブレーカーとかラインナップされてるけど、ジャンプフェスタ限定販売か~!
なんというグッズ攻勢!
でも、このためだけに上京するわけにもいかないし…いや、年末のコミケ上京がなかったら行ったかもしれないけど(←!)
(たぶん売り切れてなかったら)入荷するかもしれないというジーストア(仙台)に期待するか…。と、アクセスマップ見たら、メロンブックスやらしんばんが目印として書いてあるのに、ある意味感動しました。お客様の傾向を把握するのは立派だ。でも肝心のジーストアの文字が書いてないよ(笑)赤い四角がそうなんだろうけど。

しかしやはり同人誌と同人仲間に混ぜてもらっての萌え話のためにコミケに上京するほうを選んじゃう…腐女子度>おたく度ということか…!


この前届いた蟹缶(白)と、KCマグカップ。
蟹缶は前届いてたのとあわせてこれで3色揃い踏み。赤缶、白缶、黄色缶…発音の問題上、青のが作られてなくてよかったよかった。
KCカップは今にして思うと4個も必要なかった…。まあいいや、使いたおそう!

話変わって、「キャシャーン Sins」の第10話。
ディオがキャシャーンにジェラシー(だよね)燃やしてじりじりしてるの見て、こいつ本当はメンタル弱いだろ~!とうれしく(?)なりました。キャシャーンのほうがなんだかんだでタフそう。
それとっ!今回脚本が小林靖子さん、ディオの声優が森川智之さん の東映版遊戯王コンビ&作監がDMの羽山さんと、遊戯王に縁のある人たちでうれしかったです。
自分用サブタイトル
第36話 「龍亞のシグナーテスト! 心配そうなパワー・ツール・ドラゴン」



「育ての親」って「兄弟同様に育った」って…!遊星くんたちはあそこでマーサに育てられたのか~!!
回想こないかな、回想!赤ん坊の頃からの成長を追って!赤ん坊の頃は今と性格違ってたりしたら面白い。おもちゃやおやつを脇から取られて泣いてるクロウとか。それを天然に取ってるのが遊星くんで。そしてジャックは気弱で仲間に入っていけないとか。

性格違うといえば、なんでもひとりで背負いこんでしまう今の遊星くんは、ハウスを出てからのことだったのか~!?たしかにチーム・サティスファクションの頃はあんまりそんな感じはしなかったなあ。
やっぱり鬼柳との一件が影を落としているということなのか…。

それにしてもマーサは肝っ玉母ちゃんだなあ。そしてきっとアップルパイとか得意そう。風邪っ引きな連中にはチキンスープを作ってやってるにちがいない。暇を見つけてはキルティングとかしてて。季節柄クリスマスの慈善募金の打ち合わせの席にブラウニーとか焼いて差し入れしてるんだろうなあ…5D’sって今だけ未来じゃなく150年くらい昔のアメリカ東海岸が舞台だろう!と思えてしまうマーサのファッションとハウスの建物でした。

なんにしても、遊星くんが大事無くてなによりでした。
それより、大変なのは龍亞!やっぱり「すぐ泣く」(by龍可)のがかわいいなあ。…いや、かわいいって言ってる場合じゃないんですけどね。
ディヴァインがあんなにわかりやすい悪人で、あんなに「お約束どおり」正直に悪事をばらすとは!アキさんに対しても今回は「飴と鞭」の鞭のターンだったし。そしてフォーチュンカップのフランクよろしく、子供相手に怪しいセリフ攻撃。やばい人だ。…けど、先週までの鬼柳のインパクトが強すぎたからなあ~。

アルカディアムーブメントの邪悪な計画を聞いちゃったうえでデュエルに負けるしサイキックデュエリストじゃないとわかった龍亞は、今1番ピンチ。秘密を知ったからには帰してもらえるわけないという意味で。
来週カーリーが乗り込んできて事態を引っ掻き回して助かるのかな?
そして公式サイトでジャックのDホイールの名前がやはり「ホイールオブフォーチュン」であることが判明(笑)
流血注意につき、クリックで拡大。
   ↓


遊星くんみたいに痛めつけられまくりの主人公もそうそういないだろう、と思いかけたのですが…いた。
いました。ウルフガイシリーズの犬神明。
というか、あれは拷問を受ける主人公の不死身っぷりがテーマみたいな小説だからなあ。いや、16歳の少年と美人女教師とのプラトニックラブとか愛する人のために命を賭して闘うとか、萌え+燃え要素もてんこもりだった、今にして思うと。

「狼の紋章」は、犬神明が腹にささったナイフを自分で引き抜くとこから始まっていて、壮絶なシーンのはずなのに、なぜかすごいカタルシスだった…と思い出して、遊星くんにもやらせてみました。
うん、やっぱ病気かも、自分。
ここ数日、「遊星くんはいつ復活できるんだろうか?回復への経過描写で頻繁に登場してくれるんだろうか?Dホイールはどうなるんだろう?」とか考えていたら、今朝の可燃ごみポリ袋への記名に「Dホイール」と書くところでした。

35話の感想で、ジャック何やってんだ~!的なこと言いましたが…狭霧さんが何と言おうが、自分の思ったことは思ったようにやるジャックだろうから、あそこで引いたのは、狭霧さんの言葉が核心を突いていたからだろうなあ、という気がし始めてます。

ジャックって「自分に価値があることを確認したい人」じゃないかと思うんですよ。キングキングうるさかったのもそのためで。
何度も何度も「遊星!」と臆面もなくヘリから叫んでるの聞けば、遊星くんのことが心配なのはもうわかったから(笑)、ジャック。でも、衝動で駆け寄る前に「今のあなたに何が出来るのです?」と指摘されたらもう「心配」なんていう形のないものを手土産にしては会いに行けなくなったんじゃないかな。

「遊星を見捨てるわけにはいかない」と言っていたけど、あそこは見捨てたんじゃなく、クロウたちに遊星くんを託したんだと思うし。そして目に見える「価値」を手土産にしてこそ遊星くんに会いに行く資格があると思った…ということなんだろうな。

じゃあジャックが遊星くんにあげられる価値あるものって何だろうと考えたのですが。
1.遊星くんのいない間にダークシグナーを壊滅
2.とりあえず鎮痛剤と抗生剤と栄養のある食べ物
3.新Dホイール
4.愛

…無難なところでは2と3か。1だと面白すぎ、4だと放映不可。
近頃、狭霧さんのファンなので、「アトラス様、これをお持ちください。あのサテライト住人には必要でしょうから」と言ってジャックに医薬品一式を渡してくれたらいいなあ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。