上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「遊星、無茶だよ!まだケガが治ってないのに」

「オレは行かなくてはならない…あいつが待っているんだ」




↑という展開超希望!!

「あいつ」は誰でもいいです。心が折れない遊星くんが見たいんだ!
それにしてもケガ人の嫁さんを働かせてダメだなあ、ジャックは。…ってジャックなんかい?ジャックなんです、と自問自答(日本語の使い方間違ってる気がする)
もうジャックはダメ男でいい、というかダメなほうがいい!
スポンサーサイト
そういえば、先週第34話見た直後の最大の気がかりは、鬼柳との過去だったハズ。
今週の展開がすごすぎて忘れてた。いや、忘れさせられていた…!
あの雨の中何があったのか…鬼柳との再デュエルのときに明かされるんだろうか?

ところで予告で龍亞が能天気に「オレって5人目のシグナー?」とか言ってるところをみるとむしろそれはあやしいし、前シルエットで出ていたゴドウィンさんより上の地位っぽい人も気になるし、ゴド腕オートメイル化のいきさつは絶対ストーリーに絡んでるだろうし、ダイダロスブリッジを作りかけた伝説の男って登場人物のうちの誰かなんだろうか?
謎が増殖中…なのに、毎週が超展開すぎていつの間にか忘れかけてる。5D'sおそるべし!
自分用サブタイトル
第35話 「負傷!VS鬼柳で無効試合 半裸のラリー」

「がんばれ鬼柳さん」とかって、なかった…なさすぎだ自分!
負けても主人公だからなんとか死なないで気絶してジャックに姫だっこ、とか、甘かった。
ごめんよ遊星くん(涙)
Dホイールクラッシュ→部品ささる→麻酔なし(な表情だよなあ…)の手術で無効デュエルなんてハードな展開が来るとは!
あの手術シーンの湿った音がすっごいトラウマになりそうなんですけど…。そのわりに遊星くんがインナーシャツは脱がされてるのに上着着てるのは、4kidsにならって自主規制?脱いでたら夕方6時に放映はムリ?自分的には愉悦と目をそむけたいのとのギリギリライン。

ともあれ、遊星くんは復活するはずだ!2~3話お休みしたら、Dホイール直して誰かのピンチのときに颯爽と現れるはずだ!そういう子なんですよ、遊星くんは…。
今回のラストでラリーが遊星くんのヘルメットを抱えてうつむいてるの見るとせつなくて、あんまりサテライト組に心配かけるなよな、とも思うけど。

で。問題はジャック!
近頃強い狭霧さんに「今のあなたに一体何が出来るというのです?」と言われたら…出来ることがあるでしょうが!
クロウの前に果敢に飛び降りて、遊星くんを奪取、抱きかかえてヘリに戻り、シティの高度な医療でペインレスな手術をさせるんだっ!ハウスの医者っぽい人のほうがブラックジャック的意味で案外有能な気もするけど。
とにかく、ジャック何しにサテライトへ来たんだ?…って何しに来たんだっけ?えーとえーと、ゴドウィンさんの指示で狭霧さんが迎えに来たわけで…。
そうか、治安維持局的にはダークシグナーの本拠地へシグナーのジャックを送り込む目的だったけど、その戦いがライディングデュエルだということが鬼柳VS遊星で明らかになったので、ジャックを回収してホイールオブフォーチュン号とセットしなおして再投下ということか!?
はっ!もしかしてそのときに2年前盗んだ遊星号プロトタイプ(じつはちゃんと取っておいた)を遊星くんのもとに戻して、サテライトの仲間とも和解。遊星くんはそのプロトタイプに手を加えてブラックバードみたいに羽をつけるとか?それがEDの飛んでるDホイールだとか。

あー、話がずれてますが、ジャックは第5話のスタジアムでのデュエルの後もセキュリティが遊星くんを逮捕するのを阻止しなかったしなあ。…あの時は「取り乱して」記憶も吹っ飛んでいたという狭霧さんの話だったので、ジャックって大変な事態になると頭が回らなくなって、状況に流されるタイプなのかも。なんだか有り得そう。そうか、いわゆる、奥さんが有能すぎて自分は何も出来ないままのダメ旦那タイプか!
そうかそうか、嫁さんが美人だし頭は良いし手先が器用でDホイールなんか作っちゃうし一見クールに見えてじつは人情に厚いしデュエルも強くて現キングだしなあ。
こんないい嫁さんめったにいないよ!だから何でもいいからはやく遊星くんのベッドサイドでおろおろしに来るといい!
1年前の引越し以来DVDプレイヤーのリモコンが見当たらないのが本格的に不便になってきたので、我が家のBAD(5D's的に)を捜索したけど、やっぱり出てこない。
その代わり、遊戯王カードのかなり傷んだ「千年の盾」が出てきました。なつかしすぎる!攻守逆転されなければ、最強の守備カードだ。…という時代で私のデュエリストスキルは止まっているので、じつはバスターがどうのどころじゃなかったりして。

リモコンがないので、ずっとDVDは本体の再生ボタンを押したらそれっきりで流しっぱなしです。なので、5D'sの観たいと思ったエピソードが来るまで別のことをしていよう…と思うのだけど、結局毎回全部見てしまっています。
これがけっこう寂しい。いや、アニメには毎回燃えたり萌えたりで大変なんですが、一人で「おわー!」とか「きゃー!」とか言っている自分が、後から思うと痛くて寂しい。
誰かと一緒に盛り上がって観たいよー!
学生時代、オタク仲間と夜を徹してビデオ大会とかやってたのがなつかしい。ビデオ大会オフ会とかあったらいいなあ!

それにしてもリモコンがないので、DVDの特典映像がまだ観られないのがフラストレーション。あきらめて買おうか。
はやく!はやく遊星を病院へ!

うわあぁぁ~!!
いくら闇のデュエルでも主人公は死なないから大丈夫…とメタなこと考えていましたが、遊星くんがダメージ受けて気を失ったら、体格的に彼を抱えて運べるのはあの場ではジャックしかいない!ということに今気がつきました。
気がつくの遅い!遅いよ自分!
がんばれ鬼柳さん!がんばれワンハンドレッド・アイ・ドラゴン!がんばれコカパク・アプ(だっけ?名前むずかしいです)
35話での会話希望↓

鬼柳 「遊星!お前だってよぉ、あの頃あいつらをぶちのめして満足してたじゃねえか!楽しかったよなあ?あぁ?」

遊星 「オレは…デュエル・ギャングを一掃することでサテライトが少しでも安全な場所になることを願っていたんだ!それを成し遂げることがオレの満足だった。己の力を誇示するためじゃない!」

第33話、34話を見て、遊星くんたちがデュエル・ギャングのひとつでしかないように思えて違和感を持っていたのだけど、もしかしたら製作側のミスリードにうまうまと乗ってしまったのかも、という気もし始めた。

目的のない日々にくすぶっていたジャック、遊星、クロウが鬼柳と出合ってようやく「このサテライトで、自分たちには何かをやらかす力がある」と気がついたのが、チームを組んだ直接の動機だったのはアニメ本編で明らかで…。

ところがデュエル・ギャングと闘う動機の「どでかいことをやる」は、3人にとって(後から徐々に固まったのかもしれないけど)「サテライトを統一する=自分たちが秩序となって無法のはびこるサテライトを良い方向へ変える」ことだったんじゃないだろうか。
でも鬼柳は、徹頭徹尾「自分たちには力があることを実感して満足を味わいたい=どでかいことをやらかしてやる」だったとしたら…。

「なにかどでかいことをやって満足する」の意味がジャック、遊星、クロウ組と鬼柳とでは最初からそんな風に違っていたとしたら、4人が組んだ目的の「サテライトのデュエル・ギャングを制圧する」ということが達成されたら、次のステップは当然違ってくるだろうなあ。

その「最初の目的がそもそも食い違っていた」部分こそが、チーム・サティスファクションが分裂して鬼柳を死に追いつめた原因だとしたら、自分が脚本家だったらやっぱり最初はわざと明確にしないでおくだろうな。
それは4人にとっても晴天の霹靂のように降ってわいた衝撃の認識だろうから。
…とメタなことを思った。
ここ3日の近況

●東京から帰省中の友人とランチ。おかまで炊いたごはんがウリの店の定食。ご飯もだけど、つみれ汁も美味しかった。
●町内の小学生「ゆうせい」くんの妹の名が「のあ」ちゃんだと判明。個人的に盛り上がる。
●ボージョレ・ヌーボーに踊らされる。あいかわらず。夕食との相性は…
木曜日 ビーフシチュー→◎
金曜日 親子丼→×(卵が生臭く感じる)
土曜日 焼きそば→○
●雪でセンターラインが見えず、決死の覚悟で運転。他の車のセンターライン判定も超あやふやで、2車線道に車が3台並んで走っていた。
●「豆腐クリーム」のクリームパンをためしに買ってみる。…まずくはないぎりぎりの味だった。
●実家からもらったりんごを食べきれず、傷む前にコンポートにして温かいうちにバニラアイスを添えて食べようと思いつき、大きいアイスを買う。
●帰省した友人と「宮崎アニメの食べ物はうまそう」という話で盛り上がって名前の挙がった「カリオストロの城でルパンと次元が食べたミートボールスパゲッティ」を再現したくてひき肉を買う。
●海外のフォーラム(こりてない)で、遊星VS鬼柳は「遊星が負けたほうがストーリーが盛り上がるので負けるんじゃないか」派が8割くらいだった。
●5D'sサントラCDの収録曲ミスの件をよそ様のサイトで読んで初めて知った。…何度も聞いていたのに気づかなかった。ループで聞いていたせいだと思いたい。ところで遊星くんのテーマかっこいい!33話のチーム・サティスファクション大活躍のシーンにかかっていた曲です。
●近所のコンビニでクリムゾン・クライシスが残りあと3パックだったので、「サーチされた後かも」と思ったけど、福があることを祈って全部買った。またバスター・モードが来た。あと、バスター・ビーストと。4つ星で攻撃力1900ってがんばり屋さんだ。これはやはりデッキを組みたい。
●「街へいこうよどうぶつの森」…Wiiリモコンが扱いにくいのは私だけ?普通のリモコンって使えないのかなあ?
自分用サブタイトル
第34話 「デュエル→回想→デュエル→回想→デュエル→雨の回想→デュエル」

VS野球部とか、VS茶道部とか。…ない。それない(笑)
受け狙いなのか本気なのか…このカオスなところが遊戯王の遊戯王たるゆえんだけど、きっとスタッフは本気でやってる。
野球場とか竹林とか、いよいよサテライトがインフラと治安の整備されてない単なる小都市であることが明らかになってきました。パンとかりんごとか普通に買えるし。酒場とかあるし。

そんなサテライトで勢力争い、縄張り争いって、チーム・サティスファクションのやってることって他のデュエル・ギャングと変わらないじゃん、と思って見ていたのですが…。
遊星くんの「デュエルを汚したのはお前たちだ」を聞いて、他のギャングたちはデュエルで勝って縄張りにした地区で用心棒代と称して金品を要求したり無法を働いてたりしてて、それを遊星くんは許せないでいた…とかだったのかなという気がする。
もしそうなら、あと1カットか2カットかあればよかったなあ。
野球部がバットで女の子のスカートをめくってるのを周りは黙って見てるしかないシーンとか。
茶道部が茶碗から抹茶を子供の頭にかけるのを大人は止められないでいるシーンとか。
どっちもダメすぎるが。

そして遊星くんたちはそいつらを一掃したあとは、自分たちのチームは解散してもいいと思っていたのかも。結果的に思った、ということでもいいけど。
ただ鬼柳だけが、それで「満足」できなくて、もっと大きなものを求めてしまったのかもしれない。

遊星くんの仲間を大切に思う気持ちは鬼柳から学んだもので、自己犠牲もいとわない利他的な行動は鬼柳を救えなかった無念から来てたりしたら…素敵だなあ!

ここ数話で自分的理想の「痛々しいまでに利他的な天然カリスマ」キャラから遊星くんが遠ざかってて行ったかなと思っていたのですが、今回の遊星くんは鬼柳に対するセリフが本当につらそうで、(結果的に)仲間を裏切ったことがトラウマになって形成された性格というのでもすごくいい!

あと、セキュリティを殺した(?)のは、すでに裏切られたと思い込んでいた鬼柳のやぶれかぶれの行動とかじゃないか、と。なんとなく。
バトン頂きました。やってみると、洒落た回答ができない自分にああ~…って感じです。

★大好きですバトン
このバトンは、管理人同士の交流を深めるためのバトンです。
ルール
1・回ってきたら、何度でも答えましょう
2・送り返しも可能です
3・正直に書きましょう
4・アンカー、フリーは禁止です

●あなたの名前は?
Nemo、ねも、ねもと真美、とか。

●送ってきた人の名前は?
氷室さん

●その人はどんな人?
洞察力が鋭くていつも驚かされている。作品が、いつも自分が「こんなお話が読みたいな~」と思っているものズバリなのでサティスファクションとしか言いようがない。

●その人のこと好き?
もちろん!

●じゃあ今憧れている人の名前は?
なりたい理想の自分

●何でその人に憧れる?
たぶん私が憧れるだろうどの人も苦しいこと辛いことを乗り越えて生きているはずで、辛さから逃げ腰な私には口先で「憧れる」と言うこともおこがましい気がする…。ので、逃げ腰でなく前向きで自省する勇気があってしなくちゃいけないことをちゃんとできる「なりたい自分」に憧れ、少しでも近づきたいと思うから。

●この人には適わない!って人いる?
ちゃんと仕事が出来てちゃんと人付き合いが出来てる世の中の人全部。

●何で?
上に書いたとおりの理由で。

●じゃあ、次に回す人を次の項目に当てはめて!
(最初に書いたとおり、送り返しはOK、フリー、アンカーはNG)

可愛い→ひかわさん(天才に入れようか迷ったけど、本当可愛いので!)
格好いい→アコギさん(頼りになる、って感じ!)
ツンデレ→松元さん(初対面時とっつきにくいかと思ってた(笑)
天才→小谷さん(八面六臂の活躍は常人ではない!)
明るい→道原さん(前向きなところ!)
天然→ピグモんさん(正確にはいつも「自然体」な感じ!)
大雑把→自分。本当にもう…!
大人→送り返しはOKとのことなので氷室さん。私よりよっぽど気配りできてる…!

最後の2人は2度目なので回答はなしでOKな方向で。あとの方も気が向いたら、ということでどうぞ。
氷室さんがバトン回した他の方と重ならないようにしようとすると、遊戯王方面の方が少なすぎ…自分、ジャンル内の交際範囲せまいよ!
デュエリストボックス付属DVDを見直して気がついたのだけど、デュエル中、遊星くんもジャックも2人とも腕の痣が光ってない…。もしかしてこれって、全ての事件が無事解決してシグナーとしての使命が終った後のことかもしれない。
だったらいいなあ!
世界は平和に戻り、サテライトも開放されて遊星くんはプロデュエリストになり、一度ジャックに負けてキングの座を返還したあとのリベンジマッチ!
一度ふっきれてるジャックは、キングであることと人間としての価値は切り離して考えられるようになってるから、遊星に敗北しても「さすがだ遊星、だが次はオレがキングの座をとりもどす!」とか余裕で微笑んでいられるのかも。
動画の手間をはぶいただけ、という身も蓋もないことはここでは言わずに(笑)そう思っていよう!
TVアニメではこの先過酷な闘いが続きそうだけど、みんな幸せになってほしいなあ。

ところで、昨日のサティスファクション考察。
今読み返したら、すごいこじつけでした(笑)
さっき思いついたのだけど。

サティスファクション(曲名)

ローリングストーンズ(その曲を作ったロックバンド)

ヘルズエンジェルス(そのコンサート会場で殺人事件を起こしたバイクグループ)

モータサイクルギャング(そのグループに対する社会的コンセンサス)

危険暴走行為

ライディングデュエル

Dホイーラー

というスタッフの自虐的シャレ?
現在、チーム・サティスファクションの元構成員全員が立派なDホイーラーだしなあ。
予約してたデュエリストボックスが届いて、しかもバスター・モードが当たった!
  ↓


コミケに落選した私を神様が憐れんでくれたんでしょうか!?これで、スターダスト・ドラゴン/バスターデッキが組める!と調子づいて、さっきからネットでカードゲーム系遊戯王サイトを巡ってデッキ構築を研究しまくってました。デュエリストでもないのに。

付属DVDは正しい意味でカードゲームの販促アニメでした。これ見たら、TV放映されてる5D'sがデュエル以外のドラマにも力を入れてることにかえって感動したりして…(でも、付属DVDで遊星くんとジャックの新しい会話が聞けたから同人的にはそれだけでサティスファクションですが)

今週は蟹缶とサウンドデュエルCDも届いたし、グッズまみれで幸せです。フトコロは寒いけど、心はポカポカですよ!
今日も見返してました。やっぱすごいや、チーム・サティスファクション…!
シルエットで登場するシーン2つとも、やっぱり爆笑してしまった。すごいなあ、演出!
そして、あのファッションがかっこよく思えてきました。慣れって素晴らしい。
そういえばジャックが今着てる白コートも、最初の頃は、モズがバッタを刺して行きそうな雰囲気の肩のトゲ(?)が気になって仕方なかったものですが、今やあれを見ないと寂しい気すらするようになってるし。

ところで、第1話~第30話までの段階では、遊星くんって「上昇志向や執着心の薄い人間」に思えていたのですが、第31話の明朗さと今回の過去を併せて考えると、もしかして「昔はやんちゃもしたが、鬼柳との間の事件を機に引退した若隠居状態」だったのか!?という気がし始めてます。いや、それが大人になるってことなのか…。

で、今回最高の過去バレは、遊星くんとジャックとクロウが幼なじみ!ってことです!
第2話の回想で、ジャックとのデュエルで遊星くんが負けたことをラリーたちが驚いていたので、てっきりあれが初対面(初手合わせ)だと思っていたけど、そうなると違ってくるなあ。
鬼柳が死んだ(と思った)ことでチームはバラバラになり、その後で遊星くんはラリーたちと仲間になったのだとしたら、あれは「再会」だったわけですね。じゃあ、シティでの再会は本当は「再々会」だったのかあ!
ああ、早く過去が全部知りたい!気になりすぎる!誰かとサシで考察し合いたい!
5D's考察オフ会とかあったら飛んでいく、絶対!萌えオフ会ももちろん行くけど!
自分用サブタイトル
第33話 「チーム 沙帝須不悪死怨」




こいつらもう、これでいいよね!
…というか、先日の絵チャ参加者は皆さん同じネタで感想を書いてそうな気がするのは、そのときのチャット内容が、第33話を予見していたかのようにまんまこの路線だったから。
そのときのどなたかの発言で「遊星の特攻服の背中には”絆”と書いてあるはず」というのを使わせてもらいました。さらに星屑竜の刺繍があれば完璧ですね!

それにつけても、オフィシャル本編が1番ネタ度が高いのには脱帽です。もう、どこまでも5D'sにはついて行きますよ!

ところで、昔「BE-BOPハイスクール」で、リーゼントな連中の愛用のポマードが「黒ばら」なのを読んだ覚えがあるなあと、ググったらやっぱりそうでした。商品解説で「昔から不良の間で愛用されている」って、すごい言われようですが、アキさんもポマードで参戦だ!
美容院へ行ってきました。3ヶ月ぶりです。前回のカットですごいことになっていた髪がようやく普通→伸びすぎになってきたので、リベンジを誓いつつ。
もう別の美容院に替えたらよさそうなものだけど、ここのシャンプー台が楽で、つい「もう一度チャンスを与えてやろう!」と、どっかのキャラに乗り移られたような態度で思ってしまいました。

で、そのシャンプー台に座ったら、隣の台から若い女性の声で「レインボードラゴン」と聞こえてきたので「おおっ!?」と思わず耳ダンボ。お客さんと美容師さんとの会話らしかったのですが、「日本語で虹色竜ですよね~」を最後に、後は風水の話になだれ込んでしまいました。
…いったい何だったんだ?何者だったんだ?カード?遊戯王カードの話なの?
20代半ばな感じの声の女性だったんですが…デュエリストだったのだろうか?そして美容師さん(女性)はデュエ友なのだろうか?
だったらカッコイイ!昨日届いた英語版パックをあげたいくらいカッコイイ!

ところで、マイ髪型ですが、今回(も)すごいことになってしまいました。
鏡の前に座ったとたん、若いインターンぽい男性に「雑誌お取替えしますね」と、目の前のnon-noを週刊女性とESSEに替えられた時点で「おばさん認定」完了されたと思い、美容師さんに髪型の希望を聞かれて「ショートカットにしてください…若い感じに!」と付け加えて言ったのに…。
いや、言ったからかも…。
どう見ても、1970年~80年代アイドルのような髪です。
つまり、昔の若い髪形にされたってことですか?これって、5D's次回予告の遊星くんたちの衣装を70年代ファッションとか言ってしまった呪いですか?

話は変わりますが、今日の芸能ニュースでTU-YUが曲を出すというのをやっていて、そこで初めて武田鉄矢と風間くん以外のメンバーを知りました。
…長野くんがいた。
ティガ!ウルトラマンティガにあんなにはまったのに、今まで気がつかなかったなんて。あ~、遊戯とティガのいるグループかあ、超豪華メンバーだったんだ~。
tin

今日届いたアメリカ直輸入の蟹缶、じゃなくて遊星缶!あああ~、かわいい!
どっちもマーカーヴァージンなお顔の遊星くんだ!
赤にはニトロさん、黄色にはゴヨウさんのホロカードとブースターパックが各5パック。取り出した後には何を入れよう?ああ、ナニを…ジャックか?やっぱジャックか!うわああ~!腐女子なんです。ごめんなさい!
5D’sのシンクロモンスター召喚呪文(?)がかっこよくて、ついそこだけ巻き戻して見てたりするんですが、それも含めて自分の趣味嗜好のルーツって「新造人間キャシャーン」じゃないだろうか、と「キャシャーンsins」を見てて思いました。
「sins」は単独作品としても旧作のリメイクとしても自分的に直球ど真ん中(って、旧作キャシャーンが嗜好のルーツだからあたりまえなのですが)な「存在意義に悩むあやうさ全開のどMな主人公」なんですが、旧作はじつはそれどころじゃなかった。
さすがに本放送ではなく、ローカルの再放送で見たんですが、再放送ゆえに土日を除く毎日夕方の放映で、幼心にどうかしてるんじゃないかと思うくらいハマった。
今にして思うと、あれがはじめての「萌え」だったんだなあ。

「たったひとつの命を捨てて、生まれ変わった不死身の体…」と、毎回OP前にはいるナレーションがかっこよくて、これがシンクロモンスター召喚呪文中毒への道の第1歩だったのは間違いない。…んだけど、自分の記憶ではキャシャーンは全然「不死身」だった印象がない。
それどころか「見知らぬ村で行き倒れて、子供に助けられかくまってもらう」印象しかない。(以下、大昔の記憶を頼りに書いているので色々と間違っているかもしれないけど、印象を大事にして、うろ覚えのまま書いていきます)

そもそもキャシャーンの稼働エネルギーが太陽光線というのが間違っている。夜になると役に立たないって(腐女子的意味抜きにしても)ダメすぎる。
子供だった私は何の疑問も抱かずに「キャシャーン可哀想」とか思っていたのですが、今なら言える。「東博士、そんな謎の秘密兵器(そのまんまのネーミング)より前に、キャシャーンを随時稼働可能にするエネルギーを開発してやってくれ!」
「それと、見てくれは人間なんだから、食べ物を食べるマネくらい出来る機能をつけてやってくれ!」

…横道にそれましたが、キャシャーンは、強いことは強い(アクションなんか今のアニメに比肩し得るほどかっこよかった!タツノコの面目躍如)んです。高頻度でエネルギー切れで気を失うシーンが多いだけで…今にして思うと、なんというヒーロー兼ヒロイン。
で、倒れていると、先述の通り幼い子供に発見されて納屋かどこかにかくまわれるわけです。
5D’sで遊星くんが龍亞龍可に発見されてかくまわれるエピソードを見ながら「これこれ!主人公はこうでなくっちゃ!」とたぶん誰も賛同者のいない萌えでワクワクしていたルーツがこれだったのか~!と、キャシャーンを思い出してようやく腑に落ちました。

ところが「キャシャーン」の一筋縄でいかなさはその後。
かくまってくれた子供の親たちが、キャシャーンが「人間ではない」と気づいて弾圧する、弾圧する。
その差別意識のすごさたるや、ネオドミノシティの住民どころじゃない。そのことでいちいち傷つくキャシャーンが可哀想であると同時に歯がゆかった。
5D’sで遊星くんがフォーチュンカップで罵声を浴びせられても全然動じないのを見て「なんかすごく溜飲下がるわ~」と思ったのは、あの頃のじれったい思いがそれで解消されたからかもしれないです。

そしてたぶん自分の「博士なパパ萌え」のルーツのひとつは、キャシャーンの父にしてロボット工学の権威の東博士。
この博士は、本当に善意の人だった。人類に役立てようと作ったロボットが事故で暴走して独裁者となり人間に反旗を翻したせいで、世間から非難を浴びることになる。そしていくら息子からの申し出とはいえ、息子の意識を「電子頭脳」に移し変えて新造人間にする苦悩たるや…。
この手のドラマ成分があると、きっと自分はコロリとまいるんだろうなあ。
だから不動博士も、はやいとこ遊星くんのクローンをだな…って、結局そこに行き着くんですが。
第3期(くらい)のラスボスはぜひ遊星パパに担ってもらいたいものです
よく考えたら、万が一伝説の男が謎のままでも、それも有りでストーリーに影響がないので、無理に考察することもありませんでした…。このネタで萌えたらまた別だけど。

それより、海外フォーラムで(金輪際見に行くもんかと一時は思ったものですが、喉もとすぎると熱さ忘れるというもので)「鬼柳戦は遊星が負ける気がしてしかたない」と持ちきりで、自分でも妄想したら萌えた…。

2年前のジャックとのデュエルで負けて拳を地面にたたきつけてた遊星くんだもの、今度はサテライトと世界の命運をかけたデュエルで負けたら、精神的に追い詰められるのは確実そう!
そこにジャックが現れて「立ち上がれ!遊星!」…って、あれ?なんだこのデジャヴュは…と思ったら、バトルシティで対寡黙な人形戦のときの闇遊戯と海馬だった。
は~!このシチュエーションは萌える!

それにしても鬼柳、「きっさま」とか促音使いすぎです。
自分用サブタイトル
第32話 「サテライト昔話とジャックの遊星個人情報リーク」

すごかった…!予告!あのおそろいのファッション…。
止め絵で見たからなの?動くと馴染んで感じるの?
ナスカの地上絵消滅を目撃した林田夫妻のファッションといい、この時代は、1960~70年代ファッションが3巡くらいして流行っているにちがいない…!
予告が1番の隠し玉なのはもう5D’sの名物だなあ。

それにしてもカーリーはジャックの扱いが上手い!腐っても記者です。
乗せられてべらべらしゃべるジャックはいかにもジャックらしいけど、1番の理由は遊星くんが貶められるのがたまらなかったんですねっ!遊星くんの価値を知らしめたかったんですねっ!…と言っても、生まれや両親の素性やは価値じゃなくただの個人情報だよジャック(笑)
まあ、貶め方が出身地差別のときは手っ取り早い方法ではあるけど。

やはり遊星くんの両親は旧モーメント開発の主任研究員だったんだなあ。どうしてジャックがそれを知っていたんだろう?
「ゼロ・リバース」は本当はモーメント暴走事故だったというのは、サテライト住民なら常識として知っていそうだけど…逆に、知っている人たちや事故関係者をサテライトに隔離したのかも。情報が漏れないように。

そのへんに関連して、今回すごく気になったのが、遊星くんの「オレはそんなガラじゃない」のセリフ。
それ、雑賀さんが竜の痣を「サテライトの開放を目指した男の志を継ぐしるし」と言った時の遊星くんのセリフなんだけど、周りのみんなが息をつめて遊星くんの反応を待つ様子といい…。
もしかしたらジャックだけじゃなくサテライトの仲間も(あるいは多くの住人も)遊星くんの両親が大災厄の原因を作った研究員だと知っているのかも。

今回の、クロウを巻き込むまいと一人きりで闘いに向かおうとすることも含め、何もかも自分で背負い込もうとする気質がいとおしいなあ、と思っていたのですが…。
それが、親が引き起こした(でも本当はゴドウィンさんの独断が原因じゃないかとまだ妄想中)事故の贖罪意識だったとしたら、せつない。

あるいは、遊星くんがゼロ・リバースを引き起こした研究員の息子だとわかったことが原因で、鬼柳に害が及び死ぬような羽目になったということだったなら…悲しいけどそれだったら、鬼柳が遊星くんを恨んでいるのも納得がいくなあ。
謎が本当に多すぎる!少しずつ解明していってほしいです。それとも、全部の謎がつながっている(ような気がする)なら、それはそれで壮大で楽しいですが。

世紀末救世主伝説的体型の伝説の男が誰なのかは…また後で考察しよう。

昨日のイラストの遊星くんがテンション低すぎたので、以前描きかけで放置してたやつだけど中和のためにUP。
先週の遊星くんは気前よすぎなくらい笑い顔を見せてたけど、やっぱりたまにニコ、と微笑むくらいが好きだなあ。
今週はどんな遊星くんだろう?そしてジャックは?

☆追記
冬コミだめだったんで、当面ネットをがんばります。
カード申込書を信じる心が足りなかったよ、自分!
いくら2回(といっても数年おきだったりする)続けてうかったことがなかったとはいえ、海馬オンリーでお友達サークルさんとコミケの話題になったときに「なんか全然うからない気がする」と言ってしまうようなカード申込書との絆の薄さではうかるものもうからないだろう…反省をこめて、次回は申込書の心を信じることにします。


昨日、アコギさんとこで、初めての絵チャに参加させてもらってきました!
すごい!楽しい!皆さんジャックと遊星萌えで、打てば響くようにチャットでネタが出るわ出るわ!なんという幸せ~。
絵のほうは、私ひとり初心者全開で恥ずかしかった(汗)…他の方々のを見ると、感動するしかなかったです。
いつかあこがれの絵チャで、「私、初めてなんですよ~」と言いながらちゃっちゃと使いこなしたらカッコいいじゃん!と目論んで、練習用サイトさんにお邪魔して練習していたのに、自分なんでこんなに使えないんだろう…ガクゥ。もっと精進します!
今日は日帰り人間ドックの予約日だったので、早々とおいとましてきてしまいました。もっとお話したかったなあ。

で、今日のM病院(病院名です)での人間ドックは「入院ジャック」とプチお揃い(ズボンつき)の検査着だったのに萌えて乗り切れました。だがバリウムに慣れることは一生ないだろう!
しかしジャックとお揃いなのはやはり遊星くんであるべき!と人間ドックの最中に萌え初めてしまったので、描いてみました。スリッパはこんな感じ。ここ数日の「ちょこんと腰掛け遊星くん」萌え継続中。

遊星くんは体の傷より心の傷のほうがダメージ大きそう。
遊星くんが病院に収容されたと連絡を受けたジャックが駆けつけると、ジャックのことすら覚えていない遊星くんがそこにいたりして…。
「オレを忘れたというのか、遊星?」
詰め寄るように言うジャック。
「お前は…誰だ?」
ジャックを見上げて心もとなげに言う遊星くんの大きな瞳が揺れて。
道に迷った幼い子供のような寄る辺ない表情にジャックは胸がつぶれる思いがするのですね!
おおお!来た、記憶喪失!最大の萌えが来た!!

あー、これはぜひ本編で見たい!遊星パパとパパが作った遊星くんのクローンと記憶喪失遊星くん。この3つが来たら東京のアニメスタッフに向けて感謝の土下座する!絶対する!
(でも、そんな私の予測や希望のはるか頭上を行く超展開があるかもしれない。遊戯王だし)
先日列挙した5D'sの謎に「なぜ遊星くんだけシグナーの痣が後から出てくる仕様だったのか?」と書いていたのですが、「アキさんと龍可はそれぞれ5歳と3歳のときに痣が現れたのでは」とご指摘いただいて、アニメを見返していました。

フォーチュンカップの18、19話と22話なんですが、見返すと見入ってしまって、また見返したりして…デュエルアカデミアの制服のアキさんかわいい~!
姫だっこされてた龍可がぴょんと飛び降りた後で「勝手にしろ」という遊星くんの声が、改めて聞くとものすごく優しい~!あ~、なんていい男なんだ!
…とか、調査はなかなか進展しないんですが、今のところ、2人に痣が出現(光るのではなく)した時期が特定できないです…別のエピソードのときにヒントが与えられているのか!?
ご存知の方、アドバイスお願いします。

あと最初のOPを聞いて、再度気になったんですが、あのエコーかかった冒頭の歌詞は何といってるんでしょう?最後のとこは「アリガトゴザイマス」としか聞こえないんだけどなあ。
これもご存知の方、よかったら教えてください~!
他力本願ですいません~。
ブログレイアウトを変更。右上でモーメントが回ってるんです!

31話で1番好きな遊星くん。
  ↓
sitting.jpg

ちょこんと腰掛けてるのがなんとなく幼い感じがして可愛い!(でも座ってるそこは、高速道路が途切れた崖っぷち)
旧OPの冒頭でゴミ山に腰掛けてるのとか、遊星くんは自然体が似合う。あんまり脚を組んで…とかってイメージないなあ。そこが遊星くんらしさなんだろうな。

あと、第30話のゴドウィンさんのモーメント開発秘話。"MORMETN-INVESTIGATION AND DEVELOPMENT-SECTION"と画面に出ていたけど、"MORMETN"にはどんな意味があるんだろう!?
私は今までモーメントは「推進力、運動量」の"momentum"だと思っていたんですが…。単なる綴りの間違いと言うには、その他の(しかもずっと難しい)英語部分が正確なので、これ自体が何かの単語の省略形なのかも…でもそれで「モーメント」とは読まないだろう…いや、無理やり読ませてるのかも?…とか詮索すればするほど何かありそうで気になって仕方ないです。

それと、OPテーマを歌ってるknotlampの曲に"A Star Tribe"というのがあるらしいけど、それってまんま「星の民」じゃないか~!!と聞く前から盛り上がってました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。