上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スパークお疲れ様でした。スペースに来てくださった方ありがとうございます!
「復活してくれてうれしいです」と言ってくださった方、ありがとう、それを聞いた私こそがうれしかったです。
「ごちそうさま」と、本の感想を拍手コメントしてくださった方、なによりうれしくなる感想です。
ああ、本当に5D'sで同人復活できてよかった。

ところで、ですね。自分、68500分の1人だったらしいです。昨日の新幹線のダイヤの乱れで影響を受けたと新聞報道のあった人数のうちの1人。
東京駅の改札に行って初めて世間がそんなことになってるのに気がつきました。大混雑の駅のホームで、どの列車を待ってるのかうろんな行列に1時間並んで、なんとか新幹線に乗って帰れました。
家についたの午前1時近くでした…。睡眠不足なので、今日は…とりあえず、このへんで。
スポンサーサイト
千葉のいとこのPCから。明日はスパークです、どきどきです。
・・・じつはプチオンリー「星の宴」のサークル配置を見て、なんか自分、妙に他のサークルさんから離れていて不安です。
たった今ウララさんと電話してて「ちゃんと5D'sって申込書に書いてましたか?」と聞かれて、自信を持ってイエス!と答えられませんでした。
スパーク参加を決めたのが締め切り当日だったし。自分のことだから、「もしかして5D's本が出ないかもしれない」という自信があって(?)保険で「海闇」と書いてたかもしれない。それどころか「遊戯桜(なんだこの第一変換は?>一般人のいとこ)もとい、王」とだけ書いてたりしたら、まわりは闇海さんとかかもしれない、いやそれでも遊戯王ファン同士だから(肩身は狭いが)まだいいけど、もしかしてDグレとかブリーチサークルさんだったらどうしよう、それどころかコードギアスサークルさんだったら、いやいや、京極堂2次小説サークルさんとかだったら、一体何をお話すればいいのだろう?ああ、友人が貸してくれた京極堂本読んどけばよかった、とか不安は尽きません。
一番不安にならなきゃいけないのは、自分の過去の行動をこんな具合にすかっと忘れている自分の頭なんですが。

あと、真面目な話、自分は空気が読めてないという気がすごくし続けていて、今回のインフォメペーパーも、半身を起こし、うつろな表情で点滴されてる包帯姿のマッチョめなジャックという、萌えポイントのよくわからないイラスト付きの「ジャック・アトラス 病院だより」というのなんですが、こういうのって嫌がる方も多いのでしょうか?でももう手遅れだしなあ。

なんかネガティブっぽいのは、せっかく来ていただいた方に「こんなはずじゃなかった」とがっかりな気分をさせてしまうのが怖いからです。でも誰も来てくれないのも寂しい・・・。そんなジレンマでもんもんとしている蚤の心臓な自分です。

とりあえず、完売したと思っていたマミーの「SHONEN JUNK」と「暗黒騎士ガイアのマッスルクエスト」が出てきたので、こちらをお求めのたぶん最後のチャンスです。

あと、前にファイルをUPしたまま、ブログに表示しないままにしていたマイ初5D's本「満月の果実」の1シーンを見本に。↓
sleep.jpg

「けっこう色っぽいジャックが描けた気がする!」と意気揚々とUPしたのに、なんで表示しないでいたかというと、よく見たらこれ攻めキャラの寝顔じゃないだろ、という気が猛烈にしたからです。
でもいいや。宣伝、宣伝。

そんなわけで、明日ちょこっとでも興味を持って下さる方、足をお運びくださるとうれしいです。
お天気がよくなることを祈って。

クララが…じゃなくて本が立った。
ハードカバーですから。今日amazonから届きました。
気になるカラー原稿の再現ですが、全部じゃなかった。でも、カバーにさらにカバーがついてる装丁。
ああ、これもやっぱ全巻そろえるんだろうなあ、自分。

昨日、無事ftp入稿済みました。これで、スパークの星の宴に5D's本が出る!あの日程でよく完成したよなあ…愛の力ですねっ!
で、急に思い立って、ふろくにチビチビタトゥーをつけようと、今作業してました。3cm×2㎝くらいのをいっこずつ。ほんの気持ちだけど。

コミックシティは参加したことがなくて(そもそもイベント自体、年に約2回遊戯王オンリーと、2年に1回冬コミとかそんな活動だったし)果たして当日の朝の新幹線始発で間に合うのかと不安だったので、東京の叔母さんちに前日から泊めてもらうことにしました。いや、でも、5D'sのビデオは普通に送ってよ!>いとこ
週末いとこと遊戯王ビデオ大会というのも確かに心惹かれるけど、今回ばっかりは1日も早く見たいんだよ~!と電話で叫べないから心で叫んでました。

1年半ぶりのイベント。参加するたびが初参加みたいなので緊張ぎみです。でも、5D's本いっぱい買いたい!
さあ、今からためにためてたメールへのお返事します。す…すいませんでした~。
やばい。原稿もやばいけど、ジャックが好きすぎてやばい。
サテライトのゴキブリになってジャックに踏みつぶされたい…!
昔(といっても1ヶ月半くらい前)遊星くんならどんなでも許せるとか心の広いことを言っていた自分はもういない。
遊星くんはもうジャックに貞節を誓うといい!あのジャックのことだけ思ってればいい!だって、ジャックにとって遊星くんが心の楔だから。

あうう~。原稿にもどりまっす!
自分用サブタイトル
第25話 「ストリートファイター遊星と廃墟のキング ジャック・アトラス」

ジャックがいとしい!
ジャックは「わかって捨ててきた」ひとなんだなあ。自分にとって何が大切なものかわかっていて、だけど何が「一番大切」かを決断したときに、そのほかのものすべてを切り捨て置き去りにしてきたんだよなあ…!
そして置き去りにしてきたひとの面影を振り払い、振り払いして生きるがいい!
あああ、ジャックのダメ人間さの案配が理想的すぎる。
原稿終わったらまた第25話見よう!エンドレスで!
5D's25話見た。
やばい!ジャックが!理想のキャラだった!
遊星くんだけでも夢のようなキャラだと思っていたのに。
それだけ書きにきました。

5D'sのDVDが届いた、というか、届いてました昨日。
あまりに原稿がピンチで、今日開封。キャラ表はいってる~!今の自分には、うれしい以上にありがたい!
原稿ピンチなんだけど、貧血の血液検査の結果を聞きに病院へ行く予約だったので、出かけついでに資料用にキャラ表コピーにコンビニへダッシュ!…前の人が原稿忘れてた。中学校のマンガクラブの中三女子(推定)作のらき☆すた風カラーイラスト(色鉛筆彩色)でした…。
店員さんに届けておいたからね。

貧血の件は改善されててよかったんですが、隣の診察室から問診内容がつつぬけで、しかもすごく気になる内容。
「ロシアで野生のネズミに噛まれてから、微熱が続いてる」患者さんらしいです。世の中には色んな状況の人がいるんだなあ。そういう自分は病院の待合室で、手帳に小さくネーム切ってました。

原稿ピンチ(しつこい)なんですが、ふと思いついて、DVDさん達で記念撮影しました。
英語版Yu-Gi-Oh!に挟まれて、5D's受けっぽくない?ないですよね、そうですよね。ふとそう思っただけなんです。
今からまた原稿やります!


十五夜だー!いま夜空を見てきたら、満月がまぶしいくらいだった。あの月を見ていたら遊星くんがジャックのところに行くような気がしてな…。
本のタイトル的に今夜が最高のタイミングだ!と今日仕上げた初5D's本の表紙をUPです。自慢じゃないけどネームはまだ出来てません。でも、すでに表紙にはR18表記です。
dvds.jpg
米国Amazon仕事はやっ!でも、予想はしていたけどパッケージの裏の「4kids」の文字を見て気分はトワイライト(?)
原稿が終わったら見てみよう…。
で、昨日は北米で5D'sの放映開始日だったんですね。やっぱりあの"Get ready, Jack. I'll come."は微妙に変えられていたそうです。ちぇっ(残念なのか!)
ピグモんさんとこに英語版OP候補動画2作(オフィシャル)へリンクをしてくれていたので、見まくってます。
ちょっ(笑)かっこいいけど、どっちもカードゲームの曲じゃないよ。聞くからに「走り屋伝説」アニメじゃん。
We Ride To Surviveは、アニソン風ロックで、私もこっちのほうがOP向けだったと思うな。主題歌になったHyper Driveは青春ものっぽくて、自分が好きなのはこっちだけど。
んで、自己流に訳してみた。

【Hyper Drive】(OP曲)
スピードがおれの生き甲斐
ハイパードライブに胸は高鳴る
おまえが勝つって?それはおれが負けるとき
運命が選ぶこと
おまえの息遣いが聞こえる
近づいてくるのが見える
吹き抜ける風を感じる
駆け上り ともに走ってみろ
目にもとまらない速さでおれは走る
おまえの息遣いが聞こえる
近づいてくるのが見える
吹き抜ける風を感じる
太陽を見ろよ
空に昇る炎だ
おれたちに差し込む光

【We Ride To Survive】(最終候補)
さあ
おまえの番だ
今こそ その時だ
疑う余地はない
最後はおれとおまえ
光よりも速く走れば
エンジンがうなる もっと もっと
ターボスピードに熱狂してるから
おまえが認めるまでは止まれない
勝つために生まれてきたから
おれのゲームに目を見張るがいい
素人などじゃないんだぜ
うなりを上げるターボマシン
オーバードライブに加速しろ
走るために生まれて
生きるために走る

自己流=やおいモード。特に"breathe"を「排気音」じゃなく、「息遣い」にしたとこ…ああ、萌えるなあ♪(て言うか、この"I can see you coming."は、やっぱりやばい)
で、今こんなことやってる暇があるかというと、ないんですが、逃避という名の気分転換…。
自分用サブタイトル
第24話 「ヴィクテム・サンクチュアリで何度でも受け止めてやる星屑VS黒薔薇の対決」

やばい!「何度でも受け止めてやる!全部吐き出せ、おまえの悲しみを」なんて面と向かって言われたら、傷心の人間は一発で惚れちゃうよ。
人間同士じゃなく、スターダストドラゴンのモンスター効果でよかった…。てことは、黒薔薇さん惚れたな、星屑さんに。

とりあえず、前回まで自分が勘違いしていた部分が補正されたのはアキさんの…

× たとえ人を傷つけるとしてもデュエルが好き。
○ デュエルで発動する力で人を傷つけるのが好き。

× 大好きなデュエルで人を傷つける「力」が憎い。
○ この力さえなかったら人を傷つける喜びに目覚めることもなかったのに。

× 魔女としての破壊活動は、アルカディア・ムーブメントのさしがね。
○ ディヴァインにスカウトされて魔女をやめて素顔でフォーチュンカップ参加。

今回も遊星くんは名言の嵐だった。「考えを預けるな、お前自身で考えるんだ!」「お前がお前を愛するんだ」
ああ、遊星くんってなんてまっすぐなんだ!…と感動して終わる、と思いきや最後のディヴァインさんに持ってかれた。アキさんも感動も。
弱き人間が寄る辺としてるのは「正論」じゃなく、うわべだけだとしても「今の自分を肯定してくれる優しい言葉」なんだよなあ、と実感したディヴァインの「よくやったね、アキ」でした。私だってきっとディヴァインになびくよ。人間として尊敬するのは遊星だけど、女として自分を預けたいのは、ディヴァインだよなあ。

でもさ、最後にアキさんが泣いてたのは、初めて出会ったからじゃない?同じ目線でアキさんの苦しみを理解しようとしてくれた人間に。小さいけれど、確かにアキさんの心に楔を打ち込めたと思うんだ、うん。
あと、観客席のシティ住人は、そろそろ「自分たちこそシティともども生贄となるべく選別されたほう」(マイ設定)と気づくといい。

それにしても、やはりジャックは星屑さんをデュエルで使ったことがなかったという設定だったんですね!
2年前にカードを盗んで行ったのは遊星に取り戻しにこさせるためだったというのは、同人妄想ぬきにしてもアリでしたが、あの再会の夜の「キングとなったからには不要なカードだ」発言は、アレですね。「べ、べつにあんたに来てもらいたくて盗んだわけじゃないんだからね!キングになるのに必要だっただけだからね!」だよね。

さあ!来週は赤悪魔さんが星屑さんのハートをどう掴むかだ!もう人間キャラよりドラゴンカードたちの愛の相関図が気になってしまってるけど、この流れなら仕方ない。
…って言うか、来週!
キングが超絶ハイテンションで語ってくれた次回予告によると、2年前に何がどうしてジャックが遊星を裏切ってサテライトを後にしたのかが、とうとう語られるんですねっ!
うわあああ~!今すぐ来週になれ!ギミータイムトラベル能力!
crab.jpg
作った。まずいわけじゃない…けど、醤油ベースのドレッシングとワインは相性が悪かったんですね、海原先生(涙)
やばい!まじやばいです!締め切りまであと2週間かあ…!
今日は、遊星くんとジャックでグレープフルーツを半分こするという、文字で書くと相変わらずよくわからない同人まんがの資料集めしてました。ネームもまだできてないし…。
ジャックは、あのホームバーでグレープフルーツを絞って自分でカクテル作って飲んでるという設定。
なので「レシピ グレープフルーツ カクテル」でググったら、「カニのアボカド&グレープフルーツカクテル」にヒット。
うう、美味しそう。明日これ作る!お歳暮でなぜかカニ缶ばっかりもらって、5個くらい消費しないままストックされてるから、明日アボカドとグレープフルーツ買ってくる!
それにしてもグレープフルーツは縦に切るといいのかあ…ひとつ勉強になりました。もともとの検索から横道にそれてるけど。

とかいうわけで、しばらくネット落ちします。間に合わせなければ!間に合わないと、ジャック&遊星プチオンリーに5D's本が無いという恐ろしいことに…!
ruca.jpg
読み方がよくわからなっぽいですが、この3コマは右から左です。"This comic strip writes right to left."ってとこです。Shonen Jumpの最終ページで覚えた表現。
それはともあれ、こんな展開を予想というより希望。超希望!
アキさんの心に何かを届けられるとしたら、互いにシンパシーを感じあっている気配のある、龍可ちゃんじゃないか、と。
そうか!あの姫だっこは、今度は龍可が遊星に手をさしのべる展開への伏線だったのか~!
自分用サブタイトル
第23話 「決勝戦、ディヴァインにデレなドSアキの棘の鞭で緊縛の遊星」

なんかもう色々とすごい回だった。
文脈無視してそれだけ聞いたら、やばいセリフのオンパレードの脚本がすごい。「拒絶と怒りの他にひそんでいる感情」が「人を傷つける愉悦」という想像を絶する展開がすごい。その方向性でいいの?本当にいいの?と思ってしまう邪悪顔のアキの作画がすごい、というかやばい。モノローグのときまで重ね録りで遊星くんのうめき声を聞かせ続ける音響がすごい。それを平日夕方6時に放映してるTV局がすごい。

このアキさんをどうやってチビッコたちが好感の持てるキャラに持っていくのか、すごい楽しみです。それとも、これチビッコ向けアニメじゃないのかな?もしかして。
ああ、でも冒頭、廊下で龍可を見るアキの微妙な表情は、龍可に過去の自分を重ねて微妙な気持ちになってるっぽいです。そこを龍可も感じ取ったみたいだし。
洗脳とまではいかないけど、ディヴァインによって偏った教育を施された結果のような気がします。

ところで、水風呂…じゃなく何かのヒーリングバスシーンのアキさんとディヴァインは、「エヴァ」でチューブの中から碇司令と会話する綾波を思わせます。遡るけど、第8話で半裸で検査を受ける遊星くんも、「AKIRA」の鉄雄の超能力検査シーンを思い出しました。でも5D'sがユニークなのは、そのテクノロジーの表現が「ありそう」に現実的なことです。
それだけで「この子、普通の人間じゃないんだ」と思わせたチューブ内の綾波や「学者さんにとっては人間も人の形をしたエネルギー体なんだなあ」と思わせるハイテク検査装置にかけられてる鉄雄が、「2001年宇宙の旅」の清潔な宇宙船イメージなら、現代の医療機器の子孫に違いないと思わせる5D'sのテクノロジー表現は「エイリアン」の使い込まれた宇宙船な感じ。
ううむ、なんかわかりにくいたとえですみません。

あ、忘れちゃいけない。もうひとつ今回もすごかったのは、アキさんの胸のでかさでした。Gカップくらい?


↑今日、バーベキューの合間を縫って、印刷所に依頼するオンデマンド印刷のお試し見本原稿を作ってました。以前描いたファラオにモデルをお願いして。
たとえ今日まる1日費やしたとしても、つけペン+紙原稿+宅急便より、鉛筆主線+データ原稿+ftpのほうが結果的に速いにちがいない!と思って作業してるんですが…この方針、間違ってないよね、ね!(誰に聞いてるんだ?)
OSもモニタもアプリケーションも全て新しくなってしまって、前のお絵かきのカンがまるで役に立たないし、そもそも旧photoshopのブラシもアクションもスウォッチも読み込めなかったので、また一から作り直してます…。
正直また同人まんが描くことになると思ってなかったので、泥縄もいいとこです。でも復活できたのって、すごい!やっぱ萌えの力って大きなあ~!
で、今「星の宴」に向けて描こうと思ってるのは、シティでジャックと同棲中(!)の遊星くんが、サテライトでは食べる機会のなかった新鮮なくだものにハマって、毎日グレープフルーツ食べてるとか、なんか文字で書くとわけがわからないけど、そういう話です。


まだバーベキューの最中なんですが、うかれてUP。
久しぶりにお日様が拝めて、この夏最初で最後の屋外バーベキュー。でも焼いてるメニューがシイタケにサンマと、思いっきり秋です。
さっきまでの塩焼きの鶏肉(うまい!)にあわせて開けたドイツの白ワイン「デュエリスト」。…っていうか、ラベルは捏造。今日にも、遊戯王関連の趣味の手作りグッズページをサイトにUPしたいです。
そういえば写真にイカも写ってる。イカといえば…アキさんのカードの薔薇烏賊さんはお手柄でした。アニメ感想も書きたいです!


ついさっき気がついた!
遊星の髪の黄色い部分、左右でデザイン(?)が違うんだ!向かって左が「M」みたいで、右は「T」を横倒しにしたみたいなの。
遊戯の前髪のときも、左が顔に向かってきてて、右のは外に向いてるのに気づくのにしばらくかかったしなあ。他にも何かきっと気づいてないこととかあるに違いない、ぶるぶる…。

FC2ブログでいつの間にかお絵描きツールが増えていた。
早速使ってみた。…使い勝手がよくわからない。
きっと小学生なら3分くらいでマスターできそうな単純なツールなのに、このぎこちなさ。
…とかやってる場合じゃなくなってきました。ネームが進まない。
そういえば1年半くらいマンガ描いてなかった…。
ハイセンスなジャック遊星を狙って作ってるネームが、自分にかかると、たんに地味なものであることに気づいて、モチベーションが↓↓です。いっそ、チーム死愚那亜図の走り屋伝説をパラレルでやったらどうだろう、とかしょっぱなからイロモノに傾いててどうしようもない。
boxing.jpg
収容所編の感想書いてて思ったんですが遊星くんというキャラは、少年漫画の主人公として本っ当に汎用性が高いです!
なんかもう、「チーム死愚那亜図の切り込み隊長をやってた少年が、逆恨みポリスに挙げられて、少年院に収監させられたけど、「あんちゃん、ワシと拳闘やらないか?」と慰問のじいさんに誘われて、出所後そのじいさんと共にボクシングの世界王者を目指す」という話でもいいような気がしてきた。タイトルは「拳闘王」(あれ、どっかで聞いたことが…?)
掲載誌は、70~80年代のマガジンか、80~90年代のチャンピオンで。
…でも本当に期待してるのは、Vジャンプでの「遊戯王5D's」です!集○社さん、どうか頼んます!

そ、それより、自分は早くても金曜にしか見られないんですが、宮下くんのブログによると、今回の放映は必見らしいです!何だ、何があるんだ!?今からドキドキです!
シグナーの謎の一端が解明されるんだろうか?それともアキさんとのデュエルで遊星くんの過去が垣間見えたりしないかな…。
もしかして、遊星くんは過去にアキさんに会ったことがあったとか…?選別されてサテライトに住むようになる前に。そもそも、サテライトっていつ出来たんだろう?サテライト生まれという人はいるんだろうか?自分的には、シティとサテライトが出来たのって、わりと最近のような気がするんですが。それこそ龍亞や龍可が生まれた前後とか。
で、選別されたのは、過去の大事件で多くの死者が出た際に身寄りのなかった子供たちが大半だった…とか?いやな設定だけど、可能性のひとつとしてありそう。

自分は今までネオドミノシティとサテライトはもともとひとつの町だったのが何らかの災害で海を隔てるようになったと勝手に思ってたけど、シティのほうが人工島なのかも?と、最近思うようになりました。
サテライトがもとの童実野町で。なんにせよ、過去に災害か戦争かあったに違いないような破壊され方だから、地下鉄。
しかし、謎を引っ張る、引っ張る。解明されるのが待ち遠しいです!
今週号のジャンプの「バクマン。」で、サイコーの1番好きな漫画が「あしたのジョー」というのがうれしかったです!これまでもこのブログで「5D’sはあしたのジョーを思い出させる」とか書いていたので、この機会に「ジョー」を思い出して最高に燃えた第6話~第10話までの収容所編(勝手に命名)の感想へGO!です。でもこの路線だと半分は「ジョー」の感想になりそうだ。あらかじめごめんなさい。
それにしても一昨日、自分用サブタイ作っておいてよかった。何話で収容所に入って何話で出所か、これ無しではうろ覚えだった…。

さて、5D's、メタな視点から言うと前半の第6、7、8話は、主人公遊星くんが「外部のわけ知りな人たち」と出会ってこの世界の背景情報を得たり、友人を作ったりしながら新しいカードやデュエルを見せる展開。
後半の第9、10話が「仲間となった者のために、絆の力で」不条理な抑圧をデュエルで打ち負かす展開。

前半は、矢吹丈が拳の力(まだボクシングとは言えない)で、少年院でいびつながら人間関係を築いていくさまに似てないとも言えない…ような気がしないでもない(どっちなんだ?)という程度だけど、後半が一気に「あしたのジョー」最終巻の世界チャンピオン、ホセ・メンドーサ戦!
それも過酷な試合を続けて、残り10ページかそこらになった頃、朦朧となったジョーが「過去に自分が戦った相手から得た技術を無意識に繰り出し続けて」ホセを追い詰めていくシーン。

畳み掛けるようなジョーの戦法に、「あ、あれは少年院でやったコンニャク戦法だ!」「あれはクロスカウンター!」「出た!トリプルクロスカウンター」と、観客席から過去のライバルたちが歓声をあげるシーンはまさに、「あれはオレのカードだ」「今度はオレの」と、カードを託した収容所の皆が、遊星くんがカードをプレーするたびに声を張り上げるシーンにシンクロしてて、熱かった!
ひとりで闘っているんじゃない、みんなから得たもので闘っている。見ていて泣けてくる!

そして電撃を受けてがくりと膝をついた遊星くんへの「立て!遊星!」コールなんか、まんま「立て!立つんだジョー!」だし。スタッフは、「あしたのジョー」へのオマージュとしてこの2話を作ったんじゃないかとすら思えて、感動だった!
もうひとつオマージュを感じてしまうのは、少年院時代、力石以外で唯一ジョーを試合で苦しめた「コンニャク戦法」のひ弱な少年の名前が、青山くんだったこと。でも少年院では存在感のあった彼も、出所後は最終巻になってようやく再登場でした。5D’sの青山くんのポジションもそうなのでは、という予感がします…。いや、再登場すればいいけど…。

それにしても、これまで見た22話の、数ある遊星くんの名言中最も感銘を受けたのは、青山脱獄を知って慌てふためく看守たちを見て、内心つぶやく「あいつ、脱出に成功したのか?逃げ切れ!そのくらいの時間はオレがかせいでやる」でした。遊星くん、なんでそんなに漢なんだよ~!!
昨日の遊戯王アニメDVD Boxなんですが、某ルートより「あれは4kids版だと思います」とご指摘頂いたのですが…。
えええーっ!
…昨日さっそく注文しちゃってた…。シーズン1が品切れだったので、2,3も品切れになる前にと思って。
だって、amazonのシーズン3の商品説明に"Language: English, Japanese"ってあったから、てっきり…。でも、シーズン2を今見ると、こっちは"English"だけでした。
うわーん!どっちなんだよー!?
…いい。もういい。このまま買ってみる。もし4kids版だったら(たぶんそんな気がする)Dan Greenさんの5D'sの牛尾さんとDMの闇遊戯の声の演じ分けとか検証してみる。(わりと意味のない検証)
ああ、それとモクバくんの超可愛い"Big brother"声をまた聞けるのを楽しみにしてみる。どうして英語版の「弟」たちはあんなに可愛い声なんだろう?ハガレンのアルの"Big brother"の可愛さも異常だったし。
誕生日おめでとう、獏良くん!今日はコンビニでシュークリーム買って食べたよ。
あああ、ここに来てのこのオフィシャル商品ラッシュは何ですか~!?
嬉しいけど、金が無い。ナマな言い方だけど、金が無い。でもwii本体持ってるからまだ救われる。うん、がんばって買うっす「Wheelie Breakers」!それにしてもそのゲーム名、族のチーム名みたいです、遊星さん!カード&レースゲームというのが謎すぎるけど、真DMシリーズも今思うとカオスな設定だったし。
あと、遊戯王5D’s SOUND DUEL VOL.1 も予約しました~。グッズ的には、ここを定期的にチェックするようにしてるんですが、この前「KCマグカップ」予約注文したばかりなのに、今日見たら遊星くんTシャツが追加されていた…。ほ、欲しい!来て外を歩けるかどうかは別にして、このTシャツが欲しいです安西先生…。

それから海外もどうなってんの?というくらい熱い!
英語版遊戯王マンガのコレクターズエディションが、ハードカバーで出るみたいで、ネット上の情報サイトによると、これに「未収録のカラー原稿」が含まれるという話。こういう所の情報はマユツバで聞いてた方がいいのはわかってるけど、本当だとすると、いわゆる完全版?いやいや、期待するのはよそう。でもハードカバーってのがすごい。
本のサイズは、情報によると、A5サイズ。おたく的解説をすると、小さい方の同人誌のサイズ。

それと、4kidsの編集吹き替え版じゃない日本語/英語版遊戯王アニメDVD Boxがこの春から発売開始になってるんですが、シーズン1が売り切れてた…。プレミアがついてなのか、中古価格がすごくなってる…再版してください!リージョン1なのをクリアできれば、英語/日本語の両方で見られるスグレモノなんです。
(追記:じつは4kids版らしいとの情報あり)

う~ん、もうダメ…物欲が静まらないです…。
最近物忘れが激しいです。そりゃもう、やばいくらい。
昨日の夕食に何を食べたか、なんてのは実害がないので忘れても平気ですが、「遊戯王5D’s」の、どの話数がどんなエピソードだったのかがいつまでたっても覚えられないのが残念で仕方ないです。もう一回録画を見ようと思ったときに、ものすごく不便だし。
デュエル中心のサブタイは番組のコンセプト的にはとっても正しいけど、デュエル内容よりもキャラを追ってしまう同人女の自分にはピンとこないし、その都度ストーリー解説読むのもおっくうだし(読め!)…。で、登場人物中心に自分向けサブタイトルっぽいものを作ってみました。(一部そのまま)
これでもう各話の内容は一目でバッチリだ!これからも感想の都度つけていこう!

第1話 「ライディング・デュエル!アクセラレーション!」
第2話 「パワーインセクトデッキ!虫野郎な瓜生さん」
第3話 「脱出!ラリーのカードをお守りに、追跡の牛尾とパイプライン突入」
第4話 「運命の再会!素直になれないジャックと遊星under the full moon」
第5話 「激突するエースドラゴン!思いは熱くスタジアムでVSジャック」
第6話 「見てくれ!遊星くんの頬のマーカーと駄々っ子ジャック」
第7話 「カードにこめた想い!VS氷室の遊星くん、ジャックは地上絵鑑賞中」
第8話 「満たされぬ、トランクスでの拷問検査+長官自ら尋問の遊星くんの多難な日々」
第9話 「カードにかける思いよりも、脱獄命の青山くん」
第10話 「デッキ0(ゼロ)の電流デュエル、仲間の絆で鼻毛所長鷹栖に逆転大勝利」
第11話 「特殊追跡デッキで追われる前に、雑賀を探してバーでミルクの大門太郎」
第12話 「死闘追跡!ビル内デュエル、体当たりまでする牛尾さん」
第13話 「ダイヤル・オン!助けてもらった龍可龍亞にラリーを思い出す遊星くん」
第14話 「現れるフォークロア、氷室&じいさんと再会ジャックと再会龍亞と再会天兵初見」
第15話 「デュエル・オブ・フォーチュンカップ、ボマーさんはいい男」
第16話 「魔女再来、中世コスプレのジルVS無表情アキさん」
第17話 「炎のリベンジャー、山にこもってスポ根特訓のムクロさん」
第18話 「古の森へお誘いの変態フランクに龍可ちゃん大ピンチ」
第19話 「汚染される精霊世界から生還の龍可を、流星くんが姫だっこ」
第20話 「譲れない想いのボマーをスパイに龍亞失踪、豪華メニューのトップスと生モノ無しのサテライト」
第21話 「復讐のボマーと好デュエル、本物パイルを受け止める鋼の長官はオートメイル」
第22話 「暴かれる過去 デュエルプロファイラー来宮VS黒バラの魔女アキ」
第23話 「決勝戦、ディヴァインにデレなドSアキの棘の鞭で緊縛の遊星」
第24話 「ヴィクテム・サンクチュアリで何度でも受け止めてやる星屑VS黒薔薇の対決」
第25話 「ストリートファイター遊星と廃墟のキング ジャック・アトラス」
第26話 「ジャックの運命! 異次元デュエルの果ての赤き流血!」
第27話 「女性新キャラ大豊漁& マイナスレベルのフィッツジェラルド!」
第28話 「すべてを記者にまかせた遊星と点滴のジャック」
第29話 「院内デュエル! ダークシグナー牛尾VSエンターティナージャック+カーリー」
第30話 「クロウ登場飛ぶDホイール、過去バレ、三角関係?」
第31話 「傷心?復活!これってデートぉ?」(「BLUE SEED」風に)
第32話 「サテライト昔話とジャックの遊星個人情報リーク」
第33話 「チーム 沙帝須不悪死怨」
第34話 「デュエル→回想→デュエル→回想→デュエル→雨の回想→デュエル」
第35話 「負傷!VS鬼柳で無効試合 半裸のラリー」
第36話 「龍亞のシグナーテスト! 心配そうなパワー・ツール・ドラゴン」
第37話 「潜入!アルカディアムーブメント 萌え妄想→落下のカーリー」
第38話 「蘇りし魂 新たな女ダークシグナーズ」
第39話 「シティに降臨!2体の地縛神」
第40話 「父英雄が明かす過去 アキがぐれるまで」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。