上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前のことですが、コンビニでカードを買ってしまいました…!スターダストドラゴンのパッケージに負けて。とうとう、本当に久しぶりに。
2パック買ったら、ひとつにニトロ・ウォリアー、もうひとつにワンショット・ブースターがはいってて、レアリティとかはわからないけど(調べればわかるだろうに、そこを調べるのを面倒がるのが非デュエリスト)アニメファン的に小躍りです!
特にワンショット・ブースターは、こう、遊星に差し出したいです。「これ、お守り」とか言って手渡しで!
フィギュア「遊星号」も、予約してしまいました。もうすっかりダメな大人に逆戻りです。ああ、あとジャンプのアニメツアーにも申し込まなくては!

それから、サイトTop絵に遊星くん。
描き終わるころになって、アニメ絵に似せようとがんばっている自分に気づきました。頭は毎日萌えもえしてるのに、どんな絵で描けばいいのか方針がいまだはっきりしてません。別に方針なんかなくたっていいと今まで思ってましたが、こう日によってバラバラなタッチの絵では、自分で見返して萌えが全然加速しなくて悲しかったです。ああ、ステキな絵が描けるようになりたい…!

あと、ファンベースの英語版遊戯王wikiで、英語版5D'sが7月24日に放映になったことになってるのですが、「カプセルモンスターズ」の時みたいに、またアメリカ以外の国ででも先行放映されたのかなあ。アメリカでは、たしか9月からという情報だったんだけど。
そのついでに見つけた情報では、遊星くんの声優が、Frank Franksonという、ゲルマン魂な名前の人になっているのですが、ググってみたら、アニメDMで本田役の人でした。

ところで全然関係ないのですが、先日腕をシグナー仕様にしてくれた病院の看護師さんが、今度は手の甲への点滴に失敗して、両手の甲に何度も針を刺されて絆創膏まみれで帰ってきました。
私の腕の静脈は、深いところにあって、かつ「逃げる」そうで、どの病院でも静脈注射を一発で決めてもらったことがありません。なのでもう最近は、最初から手の甲の血管にしてもらっていたのですが、そこすら失敗されたのは初めてでした。
じつは明日も点滴に行くことになっていて、さすがにそろそろ憂鬱な気分です。

スポンサーサイト

遊星くんは今現在がまっすぐで裏表がなくて頭がよくて行動力があって人情を解する子だから、どんな育ち方をしたかはどうでもいいって気がします。
幼い頃からちょっと変わった子だけどみんなに好かれてればそれでいいや。人なつっこくないし自己主張もしないけど、いないとなると「あれ、誰か足りない」という、座敷童的ポジション。こういう子が大器晩成するんだよ。あと、着てるタンクトップがぶかぶかで時々肩からずり落ちたりしてればもっといいです…って、何だこのこだわりは。
お絵かきした遊星くんの年齢が5歳なのは、昨日のジャックとの兼ね合いで、年齢差が4歳くらいがいいな~というただの願望です。
やっぱ過去が気になるのはジャックだよなあ。サテライト時代に首からさげてたペンダント、指輪に見えるし…。5D'sは伏線がいっぱいあって、すごく楽しみ!です。
あと、絵にファンアート表示入れときます。昨日のジャックのも文字入のに差し替えて。

あんなに「キングキング」うるさいジャックには、どんなトラウマがあったんだろう?というのが気になって気になって仕方ないんですが、追求すればするほどかわいそうなことになっていくので、やばいです(マイフェバリット的な意味で)
ジャックは幼い頃、親きょうだいが死ぬのを、なすすべもなく目撃してしまった子のような気がする。根拠は全然ありませんが。そして、「自分に力さえあれば救えたのに」という思いが「キング」への執着に代わっていったのではないか…と。で、それまではおおらかな子供だったに違いないジャックのあのアメジストの瞳に映る世界は、それ以後、冷たく過酷なものになったのだろう…とか思うと、あ~もう、幼いジャックがいとしくてしかたありません。ちょっとたぎってしまったので、アニメ絵風に描いてみましたよ!
耳の脇からのにょろんは、この頃はまだないです。きっと思春期になったら生えてくるんです。9歳に意味は全然ありません。と言うか、なんでこの年齢を打ってるんだ、自分?
ああ~、それより何より、こんな妄想につき合わせてごめんなさい。

何考えてるんだかわからなっぽい遊星くんだが、今回はすごくよくわかった。おまけに自分の人生も仲間の運命もかかっていないと(だいたい)普通の男の子なのもわかってうれしかった。でもストーリー展開しだいでは、ものすごいカリスマに再びなりそうで、それはそれで楽しみ。そうは言っても1番楽しみなのは、また怪しい拷問(?)デュエルだったりします。病んでてごめん。
p.s.
いま気がついたけど、5D'sの世界には「闇のゲーム」が(まだ)ないからですね、体を張ったデュエルで緊迫感を出すのは…!
最近すごく疲れやすくて、階段で息切れしたりするのを歳のせいだと思っていたのですが、あんまりひどいんで病院で検査してもらったら、「貧血」と言われて点滴されてきました。自分には縁がないとずっと思っていたかよわいイメージの病名…自己像がちょっと変化した気がします。
で、横になりながら、ふと「ラリーと龍亞が出会うことがあったらいいなあ」と思いついて、点滴の間中、妄想をたぎらせていました。なんという時間の有効活用!

サテライトとトップスとで育ちの違いはあっても、龍亞はくったくなく友達になろうとするだろうなあと思う一方、ラリーはちょっと「遊星の新しい友達」にジェラシーっぽい気分を感じるんじゃないだろうか。いや、龍亞もラリーほどじゃないにしろ「自分の知らない流星を知ってるんだろうな」と少しひけめを感じるような気がする。でも、むしろそういう気持ちを最初に持つほうが自然でいい。そんなギクシャクした思いと折り合いをつけられるだけのものを2人とも遊星からもらってるし。
遠く離れても年下の友達のラリーを忘れずに大切に思う遊星だから、この先龍亞や龍可のこともずっと大切に思うだろうし、共通点なんかない龍亞たちとのたった1日のふれあいで絆を結べる遊星だから、(たぶん強情な不良少年だったろう)ラリーをも自然体で受け入れてくれたんだろうし。
遊星は「絆を取り戻しに行く」と言ってジャックのもとへとDホイールを走らせたけど、遊星こそがみんなにとっての絆じゃないか?

…そんなことを思って点滴の間、眼をうるうるさせてました。すると、そんな様子を看護師さんに気づかれて「痛いですか?」と聞かれてしまいました。
…という最後のフレーズはウソなんですが。そんなスイートな看護師さん、この病院にはいない。血液検査の採血のときに腕に内出血のでかいアザをつけるような腕前の看護師さんしかいない…けど、おかげでここ1週間「シグナーみたいでカッコイイ♪」と、5D’s 気分を満喫できたので、この病院をひいきにしたいと思っています。

↓そろそろ消えかけてるマイ赤いアザを記念にUP。(クリックでアップ:ややグロ注意)
何かに似てると思ったら、天体写真が好きだった小学生時代によく図鑑で見ていた「こと座のリング状星雲」でした。



シグナー5人中4人が(ほぼ)わかってる時点で、このキャラ配分は戦隊もの的にどうよ?と思ったのですが、もともと5D'sは戦隊ものであるわけがないのであって、戦隊ものだったら面白いとか勝手に思った私が悪かった。
しかし、シグナーズ本部とかで出動待ち(まだ言ってる)してるときに猛烈な空気の層がありそうだ、あのへんに。と、そんなことを思った、アキさんの動じない性格にびっくりの第16話でした。

いきなりアニメ絵に挑戦したい衝動にかられて描いたのですが、あっという間に挫折しました。あちこち塗り残してるのはそのためです。
なんかもう自分絵臭さがぷんぷんで、悲しくなった…。最大の敗因は口元かな?口元だな…。
ごめんね、ジャック。いい男に描いてあげられなくて。こっそり処分するより、自分への戒めとしてUPしておこう…。
ところで、なぜアニメ絵かというと、あの瞳の色を再現してみたくなったから。先日のエントリーの中で、ジャックのお風呂グッズのイメージフレグランスがラベンダーだったのですが、なぜだったんだろうとよく考えたら、自分のイメージではジャックの瞳の色は、宝石にたとえるならアメジスト、花にたとえるならラベンダーだったのでした。
TUBEの「ベストセラー・サマー」の歌詞が、「遊星、遊星、遊星、OK? OK, tonight?」に聞こえてわくわくする自分はもう死んだほうがいいと思う。

第7話でゴドウィンがジャックを案内した部屋の床の「赤き龍」の模様を見るまで、第5話で遊星の腕に現れたアザを、カリカチュアライズされた悪魔の顔(をした龍の顔の部分)だとばかり思っていた。
ジャックの腕のは、一瞬「楽天イーグルスのロゴに似ている」と思ったけど、本当に一瞬だけだった。
ここ数日、妄想お絵かきの合間を縫って、ジャ遊サイトさんをめぐってます。はあ~、至福だあ。
どのサイトさんのイラストも小説も、萌え語りも全部、今の自分の命の糧となっております。ありがとう!ありがとう!
3週間前まで「でもお~、やっぱり海闇サイトさんが5D's の方ばっかり更新してるのって、ちょっとさびしいの…だって女の子だもん…」とか言っていた過去の自分に蹴り入れたい。
愛の対象って、ひとつ増えるとひとつ消えるとかいうものじゃないんだね!これまでジャンルもカップリングも常時ひとつだけという自分の方が少数派だったかもしれない…。
ジャ遊に萌えても、海闇本読んだらやっぱり萌えるし(なんと単純な…!)

なので、10月の海馬オンリーもがんばって本だすぞ~!とか思っているのですが…それ以前にうかるのだろうか?参加申込サークル、すごい数になってます、ぶるぶる。
しかし、主催さんで、色んなスペース圧縮アイデアをサイトに掲載しているのを読んで、苦心と配慮に頭が下がりました。
同人活動出戻り組みたいな私は、在庫も少ないし、どなたかと合体しての参加を希望したい。知り合いのサークルさんで合体相手の決まっていなそうなところに声かけてみるべきかな。

それ以前に、サイト移転のお知らせメールをしないと…リンクしてくださってるところに…。前のサイト、もう9ヶ月くらい放置してたらから(涙)

「まだサテライトのつもりでいるのか? ここでは皆バスタブにつかるんだぞ」とか言われて、慣れないバブルバスでゴシゴシ洗われて、ラベンダーの香りにむせたり石鹸が眼にしみたりしてればいい。
昨日のエセ水浴び妄想の続きですが、絵に統一感がなさすぎて笑うしかない。

あああ、それにしても東京では今日は第16話かあ~!千葉の叔母さんからのビデオ待ち生活長すぎです自分…DM時代からだからなあ。


暑くて水浴びでもしたいけど、サテライトには衛生的な水は少なそう。って、左頬にマーカー描いてしまってました!むしろシティの収容所の方が時間制限つきのシャワーとかは、ちゃんとありそうだなあ。ただし看守や所長が意地悪するだろうな。「デュエルに勝ったら使わせてやる」とか言って。ちゃんと風呂に入れたのは、雑賀さんちでかな?

こんなに毎日萌え語りしてると、つい数週間前まで「忙しくて」とか「時間がなくて」とか言ってサイト放置していた自分が情けないです。時間は作るものですね!
今まで言い訳ばかりで、なまけててごめんなさい。遊戯王フレンズの皆さん、これからもよろしくお付き合いください。それから上の絵の解説を常識的方向にごり押ししてごめんなさい、ヨコシマな気持ちが混じってないと言ったら大ウソになります。


あのタンクトップから見える喉もとに眼を奪われてるのは私だけではないはず!と力説。
それにしても毎日お絵描きしてしまうなあ…会心のはまりっぷり!でも昨日のジャックのちょろん(耳元から伸びてる髪)は太すぎた。要精進です。


遊星とおそろいの赤眼ジャックを描くつもりだったのに、着色の段になってあの紫水晶の瞳を塗りたくなってしまった。

じゃあちゃんとしたカラーにしようと、髪や肌をレイヤーを作って下地塗りしたのだけど、主線がざくざくした鉛筆モードだったため範囲選択が死ぬほどめんどうでそこで挫折。

でもせっかくなのでブログに上げる。

「キングに勝てるとでも思っているのか、遊星?」とサムズダウンのポーズを描いたつもりが、よく見たら、「これが忘れられなくて来たのか、遊星?」と、自分の下●身を指しているようにしか見えなくて、脳内祭り状態に。←今ここ。


赤い龍が出てきたときの赤く光る眼がかっこよかった。通常デュエル中だったら、サイキックバトル感もりもり。
でもきっとあれは、Dホイールの回転がなんたらかんたらでシティのモーメントとどーたらこーたらでエネルギーがうんたらかんたら…なことが必要なんだろうなあ。
赤眼ジャックも描きたい。と言うか、この2人していいことしてる最中にエネルギーが暴走しすぎてこうなったら面白い。



遊星くんには、小動物&幼児属性があるような気がする。
巷ではカニだのイワトビペンギンだの言われてるらしい髪ですが、腐った眼には、跳ねた耳にも、たれた耳にも見えて汎用性抜群です。
それと、セリフがゆっくりのわりに単語間はいちいち歯切れよすぎるのが、高ポイント。宮下くんは演技力ありそうだから、たぶん「一見無口で冷静だけど熱い気持ちを秘めた主人公」というキャラを深く考えての演出かな、と。でも同人女の腐った耳にはたどたどしく聞こえて、萌えを提供してくれているというのは、ここだけの秘密。
関係ないけど、宮下くんの7月10日のブログ(http://rungun-miyashita.laff.jp/blog/2008/07/post-e04a.html)には感動でした。…いい子だ! 応援してるよ!できれば、遊星のしゃべりは、ずっとこのままの方向でお願いしたい!

あと、昨日の記事エントリーは、いまさら感がなきにしもあらずですが、プチ流血注意です。


遊星くんは、惜しげもなく痛そうな表情をしてくれるのが景気よくていい。
マーカーの刻印シーンを妄想モードで…ってこのポーズ、デッサン合ってるのかな?(あきらかに合ってない)
内訳は、被虐萌え70%、立て!立つんだジョー!的スポコン萌え30%
10月の海馬オンリー、拡大したサークル数でも、すでにオーバーしてますよ。やはり抽選になるのかな…。主催さんは苦慮するところだと思うけど、万全を期せる規模のイベントで行っていいと私は思いますよ。信念を貫いて、がんばってください!
…と、先日のバトフェスで空気読めない人間全開だった私に、頼みもしないアドバイスをここで勝手にされた海馬オンリーも気の毒ですが、うかるといいなあ。(←なんか文の展開が変だ、ごめん)

ところで話は変わりますが、お絵かきソフトのsaiはスグレモノです!(話飛びすぎ…ちょっと頭の調子が悪い)
5、6年前にpainterの製品版をいきなり買ったら、これが機能高すぎ!シロウトにはコマンドや選択肢が多すぎて使いこなすどころか、数回起動してあとは休眠ソフトと化した苦い経験があるのですが、それにくらべるとsaiのとっつきやすさは異常です!
最初っから「ペン入れレイヤー」実装でイラスト描きに特化してるのと、photoshopとの親和性の高さは、さすがよくわかってらっしゃる!(同人絵描き的に)
…とか言って、ペン入れレイヤー…じつは昨日、遊星を描いてて気がつきました。その前の日の(描きかけ)ジャックは、へろへろの鉛筆モード…ごめんよジャック。

ペン入れレイヤーをアクティブにした状態で画像の途中保存すると「パス」が表示されるので気づいたのだけど、このペン先ツールは、ベジェ曲線を描いてくれているんですね。手ブレが強力に補正されるさまが感動モノです!即お試し版DLですよ、windowsユーザーの皆さん!でも、レイヤーの一発統合コマンドが見つからない。(涙)お試し版だから機能制限でそうなってるのかな?

そういえば、去年買った(そしてほとんどすべてのソフトのバージョンアップが必要になってしまったのを半年以上放置していた)iMacで、windows OSが動かせるのを最近知って、こうしてフリーソフトをいっぱいDLできるようになったわけですが…「boot camp」ってのは、余計なお世話でバンドルされてるハードなエクササイズサイトへのショートカットだと思ってました。トホホ。


はまりたての勢いで何でもかんでも萌えカプに結びつけるシーズン真っ盛りです。特に音楽がやばい。ここ数日は、ポルノグラフィティの「ジョバイロ」で「遊星→ジャックのいない2年間」萌えです。
彼がいなくなった後で恋に気付いてしまって(ここ重要)、しかもそれが「あなたなしで育っていく」せつない歌詞が自分的にツボにはまって大変です。
ああ、この2人もせつない系がいいなあ。ただしラストはハーレクインロマンスのように甘々なハッピーエンドでぜひ!
で、お絵描きは、「ジョバイロ」の二番の歌詞にあるジャックが落としていった「銀の髪飾り」を見つけてしまった遊星くん。ジャックの耳のわきからにょろんと出てるあの髪を束ねてるやつですよ…ですよって言うか、勝手にそう設定してます。いや、設定じゃなく妄想なんですけどね。
本人はいないのに、思い出ばかりがよみがえって、寂しいなんて感情が自分の中にあることにも初めて気付かせられればいいよ、遊星。
七夕から1日遅れと、みごとにタイミングを外していますが、星といえば5D'sの重要なモチーフですよね!
遊星くんの名前からして、太陽のまわりをめぐる遊星(惑星)のことだし。でも、遊星なのに「不動」ですよ?つまり、恒星に支配されて軌道を描くことを拒絶する星ということか…。か、かっこよすぎ~!

そして、ジャックに奪われたカードが「スターダストドラゴン」。一人前の星ともいえない「星屑」を名前に持つドラゴン。ネオドミノシティに従属するサテライト(衛星)の仲間たちは、そのカードに自分たちを投影していたんだろうなあ。そしてそのカードを使ってデュエルに勝ってきた遊星はきっと、彼らの希望の星だったんだろうなあ。
ジャックめ、だから奪ったんだな~!(笑)何かに執着することのほとんどない遊星だけど、「みんなのカード」ならきっと取り戻しにくるとわかっていて。
何が「お前が来るような気がしてな」だよ。その登場のタイミングのよさは何だよ!(笑)今か今かと待っていたのがミエミエなのが可愛いぞ、ジャック。
でも「あの月を見ていたら…」と言うのは、遊星を自分の「衛星」だと思っているのか…いやここは、自分の衛星にしたいと思っていたのがつい口に出ちゃったということかも。どっちにしろ可愛いぞ、ジャック。

ジャックはカッコいいキャラなんだけど、敵というには「狡猾さ」成分がなくて、なんだか真っ正直なところがポイントだと思うのです。…はっ、いつの間にかジャック語りに…!
jack

後日とか言いながら、さっそく翌日ブログってます。でもって、さっきDLしてきたsaiでジャック初描き中です。あう~、まんまと5D'sにというか、ジャック×遊星にハマってしまったよ…。

アニメ見るたび、遊星くんがストライクゾーンど真ん中なキャラでやばいやばいとずっと思ってて。でも、同人中心生活はもうムリ!と、視聴者に徹しようとしていたわけですが…。
敗因というか、勝因(?)は、間違いなく、バトフェスに一般参加して海闇サークルさん達とお話できたことです。
本当に、海闇サークルさんがジャック遊星にハマるのわかる。泣けるほどわかる。自分もハマりそうだったもん、バトフェス直前の時点で。
でも、こんなことになるとは思わず…バトフェスはですね、どちらかというと「遊戯王への萌え補給」がしたくて、ずっと行きたかったんですよ。だって、会場全体が遊戯王ファンだもん、オンリーって。右を見ても左を見ても、誰も彼もが遊戯王ファン!遊戯王への愛だらけの場!
だから2時にやっと入場できた時点で、「もう同人誌は売り切れてるかもなあ」と思ってもあんまりがっかりしなかったです。(でも今は死ぬほどがっかりしてる、ああ、買えなくてがっかりだよ~)

会場では「もう顔も忘れられてるかもなあ」と思いながら、以前からご縁のあったサークルさんにご挨拶して回ったのですが、皆さん「わあ、久しぶりです」と言ってくださって…感動ですよ!ありがとうございます。
そして「5D'sはどうですか?」と雑談的に話を振ってくださるのに、上に書いたとおり「遊星がストライクゾーンど真ん中でたまらんです~」とかと答えていたのですが。
「遊星の、何もかも自分で背負い込んでしまう(痛々しい)ところがもう!」と、カッコの中はそれこそ痛い人間なのがばれてしまうので心の中だけに留めて言っているうちに、自分の気持ちが流れ出すのがわかってしまいました…言霊って本当にあるんだよ!
そして、イベントから1週間の間にストッパーがどんどん外れていってしまったという感じです。

で、昨年OSをバージョンアップしたためにあらゆるソフトが使えなくなっていたのを放置していたのですが、フリーのHTMLソフトをDLし、サイトの広告表示を避けるためサーバを新たにレンタルしてサイトリニューアル、そしてsaiのお試し版でジャックを描いている…←今ここ。遊星、遊星と言いながらなぜジャックをピンで描いているのか自分でもよくわからないのですが、とりあえず、すごく楽しいです。
実生活がものすごく忙しくなってしまっているのですが、これはちょっと楽しすぎるので、突っ走ってみたいと思ってます。
申し込んだよ~!
海馬オンリー KC NEXT!!
サイトも、今改装中。なんでまた同人熱が再燃かというと…詳細は後日!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。